本当は謎がない「古代史」

個数:1
紙書籍版価格 ¥820
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

本当は謎がない「古代史」

  • 著者名:八幡和郎【著】
  • 価格 ¥756(本体¥700)
  • 特価 ¥378(本体¥350)
  • SBクリエイティブ(2015/05発売)
  • ポイント 3pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「日本人の起源」「邪馬台国」「聖徳太子」「万世一系」の結論が明らかに!
日本の古代史ほど奇説・珍説が大手を振ってのさばっている国もない。有史以降については、『日本書紀』『古事記』に書いてあることを普通に読んで、皇国史観的な見方を排除していけば、おかしなことは書かれていないのだ。世界各国の歴史を見るのと同じように、自然体で日本の歴史を考察してみると、「謎」といわれていることのほとんどは「謎」ではない。「古代史の謎」とされるものは本当に「謎」といえるほどのことなのか。いますべての真実が明らかになる。

目次

プロローグ どうして古代史は“謎だらけ”なのだろうか
第1章 「旧石器捏造事件」と「週替わり世紀の発見」の不思議
第2章 「神武東征」は記紀には書かれていなかった
第3章 畿内勢力が筑紫に初登場したのは邪馬台国が滅びてから
第4章 『魏志倭人伝』を外交文書として読めば真実は明白
第5章 継体天皇が新王朝を創った可能性はない
第6章 中国の混乱と大和朝廷必死の外交戦略
第7章 「聖徳太子架空説」と「天武朝の過大評価」を嗤う
第8章 「唐の落日」とともに「日本の古代」も終わった
エピローグ 古代の終焉から現代人が学ぶべきこと