小学館文庫<br> のぼうの城 下

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • 電子書籍
  • Reader

小学館文庫
のぼうの城 下

  • 著者名:和田竜【著】
  • 価格 ¥671(本体¥610)
  • 小学館(2015/06発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784094085525

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

2012年11月2日(金)公開の映画化原作!2009年本屋大賞2位、 第139回(2008年上半期)直木賞ノミネートの戦国エンターテインメント大作!

「戦いまする」
三成軍使者・長束正家の度重なる愚弄に対し、予定していた和睦の姿勢を翻した「のぼう様」こと成田長親は、正木丹波、柴崎和泉、酒巻靱負ら癖のある家臣らの強い支持を得て、忍城軍総大将としてついに立ちあがる。
「これよ、これ。儂が求めていたものは」
一方、秀吉に全権を託された忍城攻城軍総大将・石田三成の表情は明るかった。
我が意を得たり、とばかりに忍城各門に向け、数の上で圧倒的に有利な兵を配備した。
後に「三成の忍城水攻め」として戦国史に記される壮絶な戦いが、ついに幕を開ける。
映画は、狂言界の至宝・野村萬斎による9年ぶりの主演で、2012年11月2日(金)公開。 ヒロイン・甲斐姫を榮倉奈々が演じる。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

570
スピード感ある戦国エンターテイメント、という新しいジャンルを和田さんが開拓したのではなかろうか。この分野の作品を、わたしのようなビギナーに手に取らせた功績は大きい。長親の人となりはよくわかるのだが、彼がなにを考えどう感じているのかはまったく伝わってこない…のも、実は魅力。映像化された作品も観てみたい、かつその後再読してみたい作品のひとつ。2020/05/24

佐々陽太朗(K.Tsubota)

400
武士が武士であった時代、男が男であった時代に、時と場所を得た強者どもが存分に戦う。そのような男どもに囲まれた男勝りの甲斐姫の恋。「のぼう様」の戦に馳せ参じ、命を賭す百姓どもは男のみならず、女、子どもまで。登場人物の生き生きとした様に心躍らせ、熱き思いに涙し、戦国の荒ぶる心に昂進する自分がいました。私の大好きな本に加わった一冊でした。2010/11/17

青葉麒麟

340
後半も面白かった。映画版はかなり原作に忠実につくってあるんだなぁ。石田三成の理想主義で熱い性格も不器用だなと感じるけど、嫌いじゃない(^-^;吉継の格好良さが光ってる。映画が又観たくなった。2014/01/18

hiro

338
上巻に読了後、続けて下巻も読破。文句なしの面白さだった。上巻の感想で「もちろん、三成が負けるわけがないのだが、下巻が楽しみ。」と書いてしまったが、このような結末になろうとはw のぼう様お見逸れ致した。長親だけでなく、丹波、和泉、靱負という主な登場人物はそれぞれ個性的で、彼らが活躍する攻防戦の場面は、特に面白く読めた。でも、アウェーとはいえ、これほど兵力に差がありながら、忍城を攻略できなかった三成では、関が原で家康に勝てるはずがない。映画でのぼう様の田楽踊を観るのが楽しみだ。2012/10/05

ehirano1

329
「もう、みんな、どんだけのぼう様のこと好きなんだよ」との言葉がぴったりの下巻でした。 また、戦国時代における「静」の魅力もしくは不思議さを味わえる作品でした。最終章では敵味方双方に「漢」を見ることができます!(かなりカッコよかったです)。 尚、解説も秀逸で本書並みに楽しめます。 2016/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/640149
  • ご注意事項
 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす