角川文庫<br> テンペスト 第二巻 夏雲

個数:1
紙書籍版価格 ¥748
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
テンペスト 第二巻 夏雲

  • 著者名:池上永一
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • KADOKAWA(2014/09発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784043647125

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

恐れ知らずの辣腕で、次々と王府の改革を断行する孫寧温。一方で、薩摩藩士・浅倉雅博のやさしさに惹かれ、男と女ふたつの人格のあいだで心が揺れ動いていた。王宮では聞得大君と王妃による女同士の覇権争いが勃発。騒動を鎮めようとした寧温だったが、聞得大君の執拗な追及に、自分の正体が女であることをついに明かしてしまう……。夏の雷雲のごとく、寧温に迫り来る幾多の試練。吹きすさぶ嵐はまだ序章に過ぎなかった!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

三代目 びあだいまおう

258
『愛に生きるか、正義を貫くか』池上流琉球版『蒼穹の昴』第2巻。嵐の夜に生を受けた真鶴(まづる)は女であることを捨て宦官として琉球王宮で生きる。名は孫寧温。王国の行く末が危うき中、女同士の覇権争いという自堕落。最も隠し通さねばならぬ秘密が早々に露見!早すぎる!と心配になる読者を嘲笑うかのような急転怒涛の展開!次々繰り出される攻めはまるで早打ち将棋。王手の連続!攻め来る巧手を奇想天外な手でかわす。窮地に陥り遂に伝説の一手を振りかざす!えっ、まだ2冊あるんだよ?どうなんの?まさかの序章?興奮が止まらない‼️🙇2020/01/27

kishikan

77
1巻目のコメントはちょっと持ち上げすぎてしまったかなぁ。この2巻目は、他の皆さんが書いているように、ちょっとドロドロし過ぎ。徐丁垓の気持ち悪さもやり過ぎだし、現代に例えた説明も余計。真鶴と寧温の心の中の葛藤という大事な場面なのに、僕ら読者の気が散ってしまう。ここら辺は池上さんらしくないな。長編大河小説の中だるみなのかもしれないけれど、読者を信じて沖縄のストーリーに徹して欲しいところ。3巻以降に期待しよう。2011/06/18

優希

66
物語の展開が早く感じます。宦官として王宮に入ったと思えば、もう女であることが明かされてしまいました。それがかえって寧温と真鶴という2つの人格の間を揺れることとなったのですね。どちらを選ぶこともできない苦しみは、潰されそうな圧力だったことでしょう。妖怪のような徐丁垓の手にかかってしまったことが大きな悲劇に思えました。体を奪われたことで蔑まれることになるのが本当に辛い。周りが敵になり、次々と襲う不幸。ただそれでも信念を持ち続ける真鶴の強さに胸を打たれました。2015/07/03

のほほん@灯れ松明の火

42
怒涛の展開でした。 あれよ、あれよという間のラストで、展開について行きそびれた感じです。 真鶴として、幸せに生きてほしかったなぁーっと思うんですが。。。 これから、どうなるのか 続きが楽しみです!!2010/11/02

BlueBerry

39
ちょっとエッチなところがあったけどこれくらいは仕方ないのかな。まあ、この辺りも楽しく読めていると思います。2014/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/637962

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。