『未来のスケッチ』 経営で大切なことは旭山動物園にぜんぶある

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader

『未来のスケッチ』 経営で大切なことは旭山動物園にぜんぶある

  • 著者名:遠藤功【著】
  • 価格 ¥1,078(本体¥999)
  • あさ出版(2011/07発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

2004年より、早稲田大学ビジネススクールの授業で教材として取り上げてきた、『現場力を鍛える』(東洋経済新報社)の実践版とも言うべき旭山動物園の経営をテーマにしました。廃園の危機から入園者数12倍になった、その秘密は14枚のスケッチにありました。「成長する経営」「強靭な経営」のあり方を明かし、厳しい経営環境の下で活力を失いかけている日本企業にとって、新たな再生の道標を示す手本として学ぶべきことの多い一冊。

目次

プロローグ 旭山動物園の「現場力」を支えるもの
第1章 すべては「一四枚のスケッチ」から始まった
第2章 本物の競争力はどこから生まれるか
第3章 ほかと同じものを作ってもしょうがない
第4章 元気で強い「現場」を作る三つの要因
第5章 「串団子」で個を活かす
第6章 顧客の「感動」が最大のマーケティング
第7章 大切なのはチャレンジャーであり続けること
エピローグ 「明るく、正直で、前向き」であることの強さ