四季 冬 Black Winter

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

四季 冬 Black Winter

  • 著者名:森博嗣【著】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 講談社(2015/03発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062755719

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

生と死そして時間。すべてを超越し存在する、四季。天才の成熟と到達。「四季」4部作、美しき完結編。「それでも、人は、類型の中に夢を見ることが可能です」四季はそう言った。生も死も、時間という概念をも自らの中で解体し再構築し、新たな価値を与える彼女。超然とありつづけながら、成熟する天才の内面を、ある殺人事件を通して描く。作者の一つの到達点であり新たな作品世界の入口ともなる、4部作完結編。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tetchy

267
四季シリーズ最終作。遥かな未来に向けての物語か。本書のストーリーはよく解らない。時代もいつの頃を描いているのかもよく解らない。冬は眠りの季節。ほとんどの動物が冬眠に入り、春の訪れを待つ。本書もまた新たなシリーズの幕開けを待つ前の休憩といったことか。英題「Black Winter」は眠るための消灯を意味しているように私は思えた。今後のシリーズで本書で生れた数々の疑問が解かれていくのだろう。但し解るのはそこまでだ。最後またこの作品に戻り、意味を理解する。ある意味本書が全ての森作品が行き着く先なのかもしれない。2019/12/15

ehirano1

208
やはり「有限と微小のパン」を読んでから本書を読んで正解、というのが一先ずの感想です。「有限と微小のパン」の読直後だったので、すんなり入り込めました。本書の最大のポイントは、四季に変化が生じた、という点ではないでしょうか。そしてそれは自発的というよりも、犀川先生や萌絵といった周囲の人物の影響によるものであったと当方は思いました。また、四季に起こった小さな変化は一読者として微笑ましいものでした。2018/02/03

KAZOO

145
この四季シリーズ最後の作品です。私には苦手な作品でした。若い人にはいいのかもしれませんが、どうもどのようなことをいいたいのか作者の思惑もあまりわからずじまいでした。それとこのシリーズは出版社も手を抜いて解説ではなく、読者のいい感想ばかりを掲載しています。つぎはGシリーズになるので少しは満足できるかもしれません。2016/07/27

nobby

136
「神様、よくわかりませんでした…」至高の天才の口にした言葉、それまさに凡人たる自分の思い…作品全般で圧倒的に語られるのは人智を超えた四季故の悲壮や空虚、人間から宇宙まで存在あるいは消滅を問うのはまさにSFいや科学的読物。鬼才による回想ならでは時系列またぎ飛び回る様子に戸惑うばかり…もう知ってはいたものの、いざ前作とは全く別世界と確認しての衝撃は半端ない!そこに飛び交うS&MにVに百年にと周知の人物達に出逢えるのは嬉しい♬他シリーズとのリンク語られ出してから、気になる名前から明かされた事実には驚愕止まらず!2021/09/12

chika

106
本作は、真賀田四季視点での、迷宮物語です。聖書を読んでいるかのような、神々しさがある作品です。四季とパティとの会話が一番好きなシーンでした。春夏秋冬、4作読みましたが、天然凡人の私には、真賀田四季をトレースできませんでしたー!(๑˃̵ᴗ˂̵)2018/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580459

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数4件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす