四季 夏 Red Summer

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • Reader

四季 夏 Red Summer

  • 著者名:森博嗣【著】
  • 価格 ¥649(本体¥590)
  • 講談社(2012/09発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062755696

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

十三歳。四季はプリンストン大学でマスタの称号を得、MITで博士号も取得し真の天才と讃えられた。青い瞳に知性を湛えた美しい少女に成長した彼女は、叔父・新藤清二と出掛けた遊園地で何者かに誘拐される。彼女が望んだもの、望んだこととは? 孤島の研究所で起こった殺人事件の真相が明かされる第2弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Tetchy

290
夏は情熱の恋の季節と云う。類稀なる天才少女真賀田四季もまた例外なく思春期を迎え、そして恋に落ちる。それは冷静でありながらもどこか破滅的、そして天才らしく冷ややかに情熱的な恋だった。我が子という新しい生と両親の死という誕生と消滅の両方を経験した真賀田四季。彼女は平気で死について語る。それはまさにコンピュータで使われる二進法、0と1しかない世界のように実に淡白だ。それまで謎めいた存在だった真賀田四季という女性について知るための物語であるのに、近づいたかと思えば、読めば読むほど彼女の存在が遠くなる気がする。2019/08/05

ehirano1

208
あわわわわわ!つ、ついに天才の狂気が炸裂。天才の狂気的合理性の前には理性は完全に無力。いやむしろ、理性は存在の場さえ与えてもらえない。なんということでしょうか・・・・・。2018/01/13

青葉麒麟

171
S&Mシリーズの大してファンでもない私でも真賀田四季の個性は中々忘れられるもんじゃないね。人智を超えた天才でロボットみたいに感情がないのが恐ろしい。久し振りにこの作家の作品を読んだけど、やっぱり理系の文章だわ。2014/11/08

nobby

163
シリーズ②はまさに答え合わせ巻!STAR WARS EPISODE Ⅲでアナキンからダース・ベイダーへと繋がる快感が如く、S&M①での四季の壮絶な過去が明かされる!もう序盤からVより七夏に紅子に林さん、さらには各務に大泥棒なあの人の登場!そして仕上げは「犀川といいます」の台詞での確信に悶絶(笑)物語全般は何とも物悲しい…完璧な天才故に機械的で極めて早熟な少女にとって、周囲が何事にも遅過ぎる葛藤がせつない…歪な愛ながら会得し始めたヒトとしての感情が予定調和に暴発するがまま行き着く結末は既知の事実に至るのみ…2020/12/17

KAZOO

138
天才的少女ということでの彼女の季節では夏ということなのでしょう。私はこのシリーズは森さんの小説にしては若干苦手な部類に入る気がしています。ミステリーというよりもある少女をめぐる様々なことが中心になっています。分野が違う感じの小説ですね。とりあえずがすべてを読むつもりですが。2016/07/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580456

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数4件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす