大きすぎて見えない地球小さすぎて見えない原子 - 科学新入門上

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,980
  • Kinoppy
  • Reader

大きすぎて見えない地球小さすぎて見えない原子 - 科学新入門上

  • 著者名:板倉聖宣
  • 価格 ¥1,584(本体¥1,440)
  • 仮説社(2005/08発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784773501872
  • NDC分類:404

ファイル: /

内容説明

「自分は科学に弱い」と思いこんでいる先生やお母さん,子どもたちに向けて,科学の面白さを知ってもらうために書かれた名著。科学に弱いと思っているのは,これまでその面白さを教えてくれる本や授業がなかったから。予想をたてながらお話を読み進むうちに,科学の楽しさにひきこまれます。ぜひ,この本で科学の世界をノックしてみてください。お話の合間に,コンパクトに読める科学者の略伝も付いています。
★★ もくじ ★★
第1話 自分の興味・感覚をたいせつにすること……雨つぶの落ちる速さ/優等生本位だったこれまでの理科教育/優等生ほどできない問題(雨粒の落ちる速さ)/教育が逆効果になることもある/「スコラ哲学」と「スクール物理」の罪悪比較
第2話 興味(好奇心)がなければ認識できない……足はなん本?/問題のなげかけ方によって興味もわいてくる/科学における実験と観察/好奇心はどのようなときにおこるか/砂のなかに砂鉄があることの不思議さ
第3話 新発見のための条件……石は磁石にすいつくか/やってみなければわからない/こんどは,石です/名倉さんたちの新発見/新発見のための条件
第4話 目に見えないものと科学……見えない空気をつかまえる/見えないものを見ることのたのしさ/自然学と自然科学/空気の認識と日本人/物質としての空気/目に見えないものが一つとらえられると,そこから科学の芽が……
第5話 見えない分子やイオンを見る手がかり……溶解と結晶/ものが水にとけるということ/分子とイオンの登場/とけきれなくなった分子やイオン
以降、
第6話 空気の分子模型を手にとって……空気中の分子
第7話 科学と仮説と立場……原子論と重さ
第8話 ものの重さと体積……原子や分子に目をつけて
を掲載。
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

第1話 自分の興味・感覚をたいせつにすること―雨つぶの落ちる速さ
第2話 興味(好奇心)がなければ認識できない―足はなん本?
第3話 新発見のための条件―石は磁石にすいつくか
第4話 目に見えないものと科学―見えない空気をつかまえる
第5話 見えない分子やイオンを見る手がかり―溶解と結晶
第6話 空気の分子模型を手にとって―空気中の分子
第7話 科学と仮説と立場―原子論と重さ
第8話 ものの重さと体積―原子や分子に目をつけて

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす