河出文庫<br> 現代文訳正法眼蔵 〈4〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

河出文庫
現代文訳正法眼蔵 〈4〉

  • 著者名:道元/石井恭二
  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • 河出書房新社(2004/10発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784309407227
  • NDC分類:188.84

ファイル: /

内容説明

道元思想の精髄を伝える名著の第四分冊。若き道元の鮮烈なマニフェスト「弁道話」を収め、七十五巻本ここに完結!自己は普遍的存在たりうるか?相対と絶対、無限と有限がからみあう無常の世界の永遠の難問を透視する。そして、個人の平等な心の自由と存在を基点に、虚空としての実存を緻密な論理と鮮やかなイメージで開示する。
※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

目次

七十五巻本正法眼蔵(見仏 遍参 眼睛 家常 三十七品菩提分法 竜吟 祖師西来意 発菩提心 優曇華 如来全身 三昧三三昧 転法輪 大修行 自証三昧 虚空 鉢盂 安居 他心通 王索仙陀婆 出家)
弁道話

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

amanon

6
前巻に引き続き、幾度となく傍線を引きながら読んでいた。頻出する同語反復的な表現。文字面だけ見れば、無意味とさえ言えるのだが、どうしてこうも鮮烈な印象を残すのか?それだけではない。殆ど意味が理解できない記述にも、思わず引き込まれそうになること数知れず。また、その一方で座禅の重要性を度々説いている本書を寝転びながら読んでもいいのか?という気になったことも(苦笑)。でも、恐らくそれでもいいと思う。本書から何がしかを得てはいるのだから。それから、後記で紹介された良寛の詩が何より本書の魅力を雄弁に物語っている。2020/06/28

roughfractus02

2
「見仏」とは仏を見るのではなく、現われるのでもない。現われることが見ることであり、そこにただ真があり、それが仏陀の日常なのだ、と著者はいう。そうだ、彼はただ只管坐っているのだった。桜を見ることは桜の知識を得るだけなのか? ただ坐って、見ることを忘れて桜となる時、虚空は荒れ狂うように「生動」している。が、この「生動」を忘れることで人は「私」と呟くようだ。だから「平時」(日常茶飯)を保つことに退屈し、身の丈を超えた世界を作ろうとする。「生動」を保つのは難しい。ゆえに茶を喫し、それを保つことを肝に銘じて、去れ!2017/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/218794

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。