角川文庫<br> 新耳袋 第六夜 現代百物語

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
新耳袋 第六夜 現代百物語

  • 著者名:木原浩勝/中山市朗
  • 価格 ¥638(本体¥580)
  • KADOKAWA(2014/09発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784043653065

ファイル: /

内容説明

人に語られ、人に伝わってこそ怪談に命が宿る――。この世の不思議と底知れぬ怖さを垣間見る、怪談本の決定版。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

急いで突厥

24
夏が来たのでホラーを読んでみた第10段。 最終章は京都の幽霊マンションの話。読んでるだけでも怖いのに、ギンティ小林さんの新耳袋殴り込みでは、敢えて挑発に向かっている。ホントに勇気あるわぁ。2015/08/14

ゆみきーにゃ

23
《購入》最後の章の京都のマンションの話がすごい怖かった。。。この本手元に置いておきたくなーい。。。2013/08/11

田中

21
一番ぞっとするのは、第9章(第80話)から始まる実話だ。何か怖いかと云えばその霊体の「実名」が明確に知らされることだ。こんな心霊話はそうそうお目にかかれない。他人に名を告げるほどのただならぬ強い思念が端境期にたたずむ。霊障も起きた。でも、それにしても「悪霊」とは断定できないだろう。まぁ、一種の悪にも善にもなりえる、なんとも言えない異界者だろう。それにしても現実的にそんなマンションが京都市内に存在していたことに驚く。もし、神奈川県にも似たようなマンションがあったら、と、思うと。。。。 2019/08/23

じゅんぢ

20
やはり、印象深いのは最後の幽霊マンションの話。みさおさんが亡くなった理由も幽霊マンションの仕業なのか、気になる。2020/08/31

クナコ

17
第5夜に続き初読。今回は章立て名がこれまでと違い、漢字一字のみで内容が予想できないと思いながら読んだ。著者達によるとこれまで通りの章立てを引き継ぐことでタイトルを読んだ時点での怪異の予想立て、予定調和を避けるため、とのこと。同時に、ある住居にまつわる一連の怪異のみを集めた最終章部分を悪目立ちさせないための構成だったとのこと。前述はまんまと著者の策にはまったわけだが、読後に印象深いのはやはり最終章。業の深い怪異はやはり興味深い。2018/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/473006

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。