角川スニーカー文庫<br> トリニティ・ブラッド Rage Against the Moons V バード・ケージ

個数:1
紙書籍版価格 ¥628
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川スニーカー文庫
トリニティ・ブラッド Rage Against the Moons V バード・ケージ

  • 著者名:吉田直【著者】/THORES柴本【イラスト】
  • 価格 ¥616(本体¥560)
  • KADOKAWA(2014/05発売)
  • 夏休みもあと少し!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/21)
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784044184131
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

政敵である兄・フランチェスコに対向すべく、カテリーナによって催された政財界の宴。厳戒態勢が敷かれたはずの、その会場に薔薇十字騎士団が急襲。凶弾に倒れるアベル。分断され、孤立化したAxメンバーたち……。果たしてこの危地から脱出できるのか!?  『トリ・ブラ』R.A.M.シリーズ第5幕、ついに電子化!──汝、目をそらすことなかれ!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

藤月はな(灯れ松明の火)

20
「ローマン・ホリディ」は親馬鹿のレオンが伺えて微笑ましいです。表題作は平等の愛か大切な者を優先する愛かという宗教上の愛と自然的愛への問いを抉り出しています。「ラジオ・ヘッド」は外道ぶりを発揮する2人の話。ちゃっかり、趣味を満喫するケンプファーと彼を年寄扱いできて兄弟と紹介されてぶつくさ言うデェートリッヒのやり取りが小気味よい反面、美談化されそうなことでも人を巻き添えにする結果を導くエゴイズムを見出すシニカルさにやられます。そしてユーグを大切に思ってくれる人がたくさんいることが実感できて胸が熱くなります。2013/04/14

かや

4
父親らしいレオンや、アベルとカテリーナさんの絆が良かったな。読むたびにAxの派遣執行官達って素敵だと思います。今回はAxの敵である、薔薇十字騎士団の幹部もいろいろと出てきておもしろかった。ノイマン3兄弟気になります。ケンプファーとディートリッヒがメインの『RADIO HEAD』も仲が悪そうで良い(?)会話が楽しかった。外伝の方は完結。ユーグ良かったね、と言える終わり方でした。あと、教授とハヴェルの活躍がものすごく好きでした。2014/04/26

ちゃか

3
「剣によりて生くる者は――」「――剣によりて滅びぬ、エィメン!」。ユーグのこの聖句が好き。プロフェッサーが外伝で使ってた手にはまるあたりは、誰しも同じことを考えるってことですかね。 2012/03/07

ヤマイシ(病氏)(山石)

2
本編…自分の身が危うくなろうとも、ギリギリまで能力を発動させようとしないアベルカッコいいです!しかしAx以外の取り巻きは使えねえ連中ばかりだなあ。 外伝…よかったーユーグ本懐遂げられてよかったー!しかしここ一番での仲間の援軍は嬉しいですね。読んでて気持ちよかった!2012/12/17

水瀬しあ

2
短編連作バージョンその5。どの話も、派手な立ち回りが多くて盛り上がります。表題作では珍しく(というのも酷いですが)"教授"が活躍。外伝では新たな派遣執行官も登場します。なかなかクセが強くて好み。そして特筆すべきは、騎士団の"魔術師"と"人形使い"がメインとなっている話があることかと。このコンビの掛け合い、楽しすぎます。敵なのにハマってしまいそうなくらいに。"人形使い"のしゃあしゃあとした言い方が、"魔術師"相手だと親しげな応酬になってステキ。2005/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/542872

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数13件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす