文春文庫<br> アフター・スピード - 留置場→拘置所→裁判所

個数:1
紙書籍版価格 ¥701
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
アフター・スピード - 留置場→拘置所→裁判所

  • 著者名:石丸元章
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 文藝春秋(2016/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784167137069
  • NDC分類:916

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

これが犯罪者ってもんさBaby!! 取材ライターの著者が、ドラッグで逮捕されてから、執行猶予判決を受けるまで、2ヶ月半に及ぶ監獄生活の記録。留置場仲間に教わった大事なこと。ひとは牢屋で一日何をしてるのか? 三度の飯に(ホントに)一喜一憂し、サギ師や密売人達と親交を結び、空想ドラッグパーティに盛り上がり、裁判では証言台に立った弁護士の不手際と妻の失言に凍りつく……。前作『スピード』に続く、真の監獄ノンフィクション。

目次

1 留置場(パクられた夜―回想;留置場の朝;刑事の取り調べ;犯罪者との交流;検事の取り調べ;留置場暮らし;「起訴」決定)
2 拘置所(拘置所の掟;食う、寝る、運動する;監獄生活極楽道;国選弁護人との面会)
3 裁判所(求刑公判;自由へのカウントダウン;判決公判;夕暮れの街へ)