角川スニーカー文庫<br> フリクリ 〈3〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥460
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川スニーカー文庫
フリクリ 〈3〉

  • 著者名:榎戸洋司/Gainax
  • 価格 ¥385(本体¥350)
  • KADOKAWA(2001/03発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 90pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784044236038
  • NDC分類:913.6

ファイル: /

内容説明

思わぬアクシデントからハル子の唇を奪ってしまったナオ太は、それを目撃した父・カモンから彼女を賭けた決闘サバゲーを申し込まれる。くだらないと思いながらもハル子に頼まれまんざらでもないナオ太。だがそんなナオ太とハル子の関係を見たマミ美の態度がちょっとおかしい。これはもしかしたら――嫉妬なのか? うれしはずかし暴走アニメの小説版第3巻。ちょっとせつない感動巨篇(?)で、ついにフィナーレを迎えます!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

YO-HEY@紅蓮ロデオ

25
ブックオフで遂に発見。…なんか解らないけど泣ける小説。どうしようもない、とても青臭い、でも輝いたものが詰まっている。これを見て流れる涙は?輝きがまぶしいから?それともこの輝きをもう解き放たれたから?…アニメ見ようかな。前に見たのは2年前。また何か違った作品になっているだろうか?2010/11/09

鯨、或は山田

1
クライマックスでは、アニメを補完するというより、それより深くつっこむ感じに。アニメでは勢いやリズム感のために省き気味だった人物の彫り込みや設定の説明をしっかりこなしている。ナオ太目線のアニメと、三人称視点のノベライズという立ち位置がしっかりしていたのが良かった。2014/09/04

なにがし

1
久々に引っ張り出して再読。あとがきの日付に、あの青臭いかっこよさに痺れたのがもう10年前かと遠い目をしてみたり。自分の大人ごっこはまだ続いているのか、知らずごっこじゃなくなってたのか。近いうちにもっかい観よう。2010/10/23

ぶち

0
原作のノリと勢いで突っ走った感で設定がいまいちよく分からなくて試聴後も「結局このアニメは何なんだったんだ?」という謎がある程度解消された。ノベライズとしての作中の設定の補完は十分にされている。海苔眉毛が重要なアイテムだとは知らなんだ。アニメ続編の製作も決定したが出来るまで安心できない昨今のアニメ業界事情。頑張れGAINAX。2016/12/05

まざか~る

0
「あとがき」だけでも読む価値はある2015/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/425103

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数3件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす