祥伝社黄金文庫<br> 日本史から見た日本人・古代編 - 「日本らしさ」の源流

個数:1
紙書籍版価格 ¥658
  • Kinoppy
  • Reader

祥伝社黄金文庫
日本史から見た日本人・古代編 - 「日本らしさ」の源流

  • 著者名:渡部昇一
  • 価格 ¥540(本体¥500)
  • 祥伝社(2014/02発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

"Reader"および"Reader"ロゴは、ソニー株式会社の商標です。

内容説明

「日本人は古来、和歌の前に平等であった」古代から現代まで、わが国に受け継がれる“日本らしさ”とは?神話に始まり平安朝・鎌倉期など各時代を掘り下げ、日本的アイデンティティの礎を解明する。樋口清之氏をして「まさに、日本人論の傑作と言えよう」といわしめた、珠玉シリーズ第二弾!

目次

1章 神話に見る「日本らしさ」の原点―古代から現代まで、わが国に脈々と受け継がれたもの(日本文化―その独自性の淵源 実証万能主義・戦後史学の陥穽 ほか)<br/>2章 上代 「日本らしさ」現出の時代―“異質の文化”を排除しない伝統は、この時代に確立をした(「和歌」の前に平等な日本人 聖徳太子に見る「日本らしさ」 ほか)<br/>3章 平安朝 女性文化の確立―日本における「成熟社会」の典型は、ここにある(和歌に見る文化的洗練の達成 遣唐使廃止―内的成熟の涵養 ほか)<br/>4章 鎌倉期 男性原理の成立―この時代、日本社会は「柔から剛」へと激変した(武家文化の本質とは何か 主権在民を確立した北条泰時 ほか)