文春文庫<br> 翔んでる警視正 〈平成篇 5〉

個数:1
紙書籍版価格 ¥482
  • Kinoppy
  • Reader

文春文庫
翔んでる警視正 〈平成篇 5〉

  • 著者名:胡桃沢耕史
  • 価格 ¥648(本体¥600)
  • 文藝春秋(2012/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

日本のモンマルトルといえば聞こえはいいが、新宿の一角に世界各国の娘たちが立ち並ぶ場所がある。その街で殺人事件が発生した。ホテルから一人で出てきた女が、背中の方から飛んできたナイフの一撃で即死したのである。その時女の発した言葉は、目撃者たちが今までに一度もきいたことのない言葉だった。岩崎警視正の卓越した語学力と冴えた勘が事件を解決に導く表題作をはじめ、東京で、秋田で、はたまたニューヨークで展開する力作6篇を収録した。

目次

犯人は潜像中
羽後の盆唄
三日月型親爺娘
記号論アハハーン
ああ濡れ落葉幾年ぞ
涙のポンポコリン