出稼ぎ派遣工場―自動車部品工場の光と陰

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

出稼ぎ派遣工場―自動車部品工場の光と陰

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年03月03日 15時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784916117847
  • NDC分類 366.8
  • Cコード C0036

内容説明

地域経済崩壊の中で、全国・全世界から愛知の自動車工場にやってくる派遣労働者。そこはゲンダイの「自動車絶望工場」だった。

目次

第1章 人材派遣会社
第2章 田戸岬工場製造部第六生産課
第3章 出稼ぎのブラジル人労働者たち
第4章 自動車部品製造ライン
第5章 製造現場の光と陰
第6章 日本人の出稼ぎ社外工たち

著者等紹介

池森憲一[イケモリケンイチ]
1974年名古屋市生まれ。近畿大学建築学科環境デザインコース卒。大学在籍中から国際交流に積極的に参加する。卒業後は中国・インドなどを旅する。貴州省凱理市に語学学校「凱理市池森育才外語培訓中心」を設立。2000年ニューヨークへ渡る。アルバイト先の飲食店にてメキシコからの出稼ぎ少数民族ミステコ族と出会い、彼らの故郷の村を訪れる。帰国後は、派遣・期間工として製造業で働き、労働者の側から出稼ぎ問題や雇用問題を考える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。