発掘された古代史―ここまでわかった日本列島と古代史の謎

  • ポイントキャンペーン

発掘された古代史―ここまでわかった日本列島と古代史の謎

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 246p/高さ 18X12cm
  • 商品コード 9784537020700
  • NDC分類 210.2

内容説明

遺跡が語る、古代史の真相。最近15年間に新聞の一面トップを飾った考古学上の重大発見、重大発掘をベースに隠されていた古代史のベールを剥ぐ!

目次

恐竜化石と人骨が語る日本の旧石器時代―日本は大陸とつながり、恐竜と原人が生きていた
通説よりはるかに進んでいた日本の縄文時代―縄文時代は、東日本から始まった!
遺跡が縄文時代のイメージを変えた!―縄文人は、稲作と豊漁で、豊かな芸術生活をしていた
遺跡が語る弥生時代の真実―鉄剣・銅剣と銅鐸と稲作の“起源の謎”にアプローチ
ムラからクニへ、甦る弥生時代の生活―古墳の母型か?四隅突出型方墳と方形周溝墓の登場
「古墳の出現」と「鐘の埋葬」の“謎”―中国思想が日本の埋葬文化に与えた影響
古墳の“進化”の謎にせまる―壁画と副葬品に見られる、渡来文化の影響
大和政権と大陸の交流の“謎”―古代船を複元し、大陸に“前方後円墳の源流”を探す旅
大和朝廷の“闇の歴史”と“都城制”の秘密―飛鳥木簡の出土で動き出す亡霊、大津京と大津皇子の墓の行くえ
出土文字から探る、日本統一と国史編さんの“謎”―今後の研究のターゲットは、東北、沖縄、そして道教