不登校生が自然な笑顔をとりもどすとき―「学級復帰」への処方箋宝箱

個数:

不登校生が自然な笑顔をとりもどすとき―「学級復帰」への処方箋宝箱

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月21日 11時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 171p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908555145
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C0037

内容説明

具体的な手立てや方法論、発想なしに、不登校の子どもたちを救うことはできない。原因を探り心の支援。

目次

第1章 不登校支援という仕事
第2章 イジメで苦しむ子
第3章 イジメ完全解決す
第4章 学級復帰するための条件
第5章 教師間にあった葛藤
第6章 母子関係に苦しむ子どもたち
第7章 卒業・自立の時

著者等紹介

堀江晴美[ホリエハルミ]
1947年生まれ。大学卒業後、小学校に勤務。1986年から中学校に赴任し、美術と社会を担当した。1974年に「仮説実験授業」と出会い、現在も仮説実験授業研究会会員として実践を続ける。1978年、松本キミ子さんとの出会いから、「キミ子方式」による絵画教育の実践を始める。中学校教諭を定年退職後、2007年より茨城県久慈郡大子町でルネサンス高等学校の講師として勤務。現在は副校長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。