マンガ遊訳 日本を読もう わかる日本書紀〈1〉神々と英雄の時代

個数:
  • ポイントキャンペーン

マンガ遊訳 日本を読もう わかる日本書紀〈1〉神々と英雄の時代

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 326p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784908443329
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0095

内容説明

神代紀では、天地が開け、神々が誕生し、日の神の末裔が降臨して地上を治めるお話からはじまります。本書では、日本武尊の異母兄弟が第13代成務天皇として即位するまでを紹介しています。

目次

第1章 天地の始まりと神々の時代(神代 上;神代 下)
第2章 初代天皇のレジェンドと欠史八代(初代 神武天皇=カムヤマトイワレビコ物語;第二代~第九代 詳しく書かれなかった八人の天皇)
第3章 崇神天皇の世の、疫病の大流行と箸墓伝説(第十代 崇神天皇=ミマキイリビコイニエ物語)
第4章 サホビコの叛乱と埴輪の始まり(第十一代 垂仁天皇=イクメイリビコイサチ物語)
第5章 景行天皇と、ヤマトタケルの西征・東征(第十二代 景行天皇=オオタラシヒコオシロワケ物語;第十三代 成務天皇=ワカタラシヒコ物語)

著者等紹介

村田右富実[ムラタミギフミ]
1962年生まれ。北海道小樽市出身。北海道大学大学院修了。現在、関西大学教授。上代日本文学専攻博士(文学)。主著『柿本人麻呂と和歌史』(上代文学会賞受賞)ほか

村上ナッツ[ムラカミナッツ]
脚本・作詞家。愛媛県出身。早稲田大学第一文学部演劇科卒、シェイクスピアシアター出身

つだゆみ[ツダユミ]
マンガ家。愛媛県出身。広島大学文学部卒。’90年4コママンガデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

2020年は日本書紀編纂1300年。

記念の年に向けて誰でも通読できる「日本書紀」の本を発行します。

日本書紀とは、当時の日本が大唐帝国に、対等に付き合うべき国だと認めてもらうために、歴史を書き連ねた正史です。

その特徴の一つは、多彩な外交記事の多さ。

古事記との比較で言うと、朝鮮半島の記事は、古事記10件なのに対し1022件もあります。

日本書紀は古事記の4倍の文字数があるので一概に比較はできませんが、その差は歴然です。

『日本書紀』は東アジアの一員として書かれているのです。そもそも『日本書紀』と書名に「日本」を名乗ること自体、「日本は他の国とは違う日本という独自国家なのだ」という言挙げです。兄・『古事記』がひたすらに内向きの書だとすれば、弟・『日本書紀』は朝鮮半島や大陸に目を向けながら、自己を確立して行く歴史が記されているといっても過言ではありません。

「わかる日本書紀」では、5巻かけて「日本書紀」の全貌を、マンガと遊訳でわかりやすく伝えていきます。

日本書紀は名前はよく聞くのに、中身を知っている人の少ない書です。2020年の完結まで、じっくりお楽しみください。

監修を担当していただいた、上代の専門家である村田右富実教授の脚注とコラムも、当時の人たちの思いを存分に伝えています。



「わかる日本書紀」第一巻は、神々と英雄の時代、少し概略をお伝えしましょう。

扱っている時代は、神代紀から始まり、神武紀、欠史八代、崇神紀、垂仁紀、景行紀、そし成務紀まで。

天地が開け、神々が誕生し、日の神の末裔が降臨して地上を治めます。九州の日向から東征した磐余彦は大和の橿原宮で即位し初代神武天皇となります。そののち、十代崇神天皇は、蔓延した疫病を終息させ、四道(近隣国)に軍を派遣して支配を進めました。

十一代垂仁天皇は后の兄、狭穂彦王の謀反を制圧しました。十二代景行天皇は、熊襲を征伐し九州を巡幸しますが、再び熊襲が反乱を起こすと、皇子・日本武尊を派遣し、引き続き東国に向かわせます。草薙の剣や弟橘媛の献身に助けられ、東国を平定し蝦夷を従わせますが、帰還の旅の途中、病に倒れ力尽きます。その魂は白鳥となって天翔るのです。日本武尊は皇位を継ぐことなく亡くなり、異母兄弟の弟皇子が即位して、十三代成務天皇になります。

村田 右富実[ムラタ ミギフミ]
監修

村上 ナッツ[ムラカミ ナッツ]
著・文・その他

つだ ゆみ[ツダ ユミ]
イラスト