テクノロジーとヘルスケア―女性身体へのポリティクス

個数:
  • ポイントキャンペーン

テクノロジーとヘルスケア―女性身体へのポリティクス

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2019年03月23日 20時31分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 208p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784903690773
  • NDC分類 498.2
  • Cコード C0036

内容説明

女性に親和的なヘルスケア・システムは可能なのか?女性身体とテクノロジーに張り巡らされたポリティクスを明らかにすることで、その端緒を開く。

目次

第1部 中絶をめぐるテクノロジー(1970年代における人工妊娠中絶の実態と批判―女性活動家たちによる問題の定位とその含意;妊娠中絶を希望する女性の心理とケアの状況;産まない身体の臨床現場―産むケアと産まないケアに関わる看護者の葛藤と困惑;性暴力で妊娠した被害女性像―映画描写から;「対話モデル」にもとづく妊娠中絶規制とオランダ妊娠中絶法;人工妊娠中絶の現状―フランスからの幾つかの考察)
第2部 不妊をめぐるテクノロジー(「不妊」から降りる/降りない/降りられない女たち;“偶然生まれる権利”から考える;仕立てられた女性身体―メディアに表れた代理母と依頼者;フランスにおける「生殖への医学的補助」に関する規制の現状と課題;代理出産をめぐるインドの言説―インドで代理出産を依頼した日本人とドイツ人の事例をめぐって;インドの商業的代理出産と生殖ツーリズム)

著者等紹介

日比野由利[ヒビノユリ]
金沢大学医薬保健研究域医学系環境生態医学・公衆衛生学助教。専門領域:社会学、公衆衛生学

柳原良江[ヤナギハラヨシエ]
東京大学人文社会系研究科附属死生学・応用倫理センター特任研究員。専門領域:社会学、生命倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。