シリーズ・防災を考える
防災の心理学―ほんとうの安心とは何か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 230p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887139077
  • NDC分類 369.3
  • Cコード C3311

内容説明

われわれの多くは“自分は大丈夫バイアス”すなわち「災害が自分に振りかかることはあるまい」と根拠のない楽観を抱いて生きている。こうした誤った安心感を脱した真の「安心」とは何か?またそのためには何が必要か?災害に対する正確なメンタル・モデルの形成と対処のための適切な知識や備えとともに、住民と行政・組織・専門家間の信頼感の構築こそ不可欠なことを種々の災害の実例を通じて力説し、そのための「防災教育コンソーシアム」の設立を提唱する。

目次

ほんとうの安心とは何か
災害時の情報伝達と意思決定
原子力防災と市民の心理
災害とうわさ 特に地震の場合
風評被害の心理
災害のフラッシュバルブメモリ―福岡県西方沖地震の例
自然災害でのヒヤリ・ハット事例
「津波避難スクリプト」による防災教育
火災予防教育―“メンフィスの奇跡”に学ぶ
防犯:リスクと不安
災害と化粧

著者等紹介

仁平義明[ニヘイヨシアキ]
東北大学大学院文学研究科心理学講座教授、日本学術会議連携会員。1946年生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MasakiZACKY

0
防災に関する様々な事柄について心理学の観点から述べた一冊。災害心理学の授業で輪読。全体を通して「心理学…?」という感じだが、基本的には人の心理面に関わることが中心。マスメディア等からは抜け落ちている視点を得ることができる点で読む価値は非常に大きい。災害に限らず、火災や防犯についての話題もあり。3.11以前に書かれた本なので、新潟県中越地震や関東大震災や阪神淡路大震災が事例として主に取り上げられている。東日本大震災を踏まえた改訂版を期待。特に原発やうわさに関する章は内容がより充実しそう。ほんとうの安心とは。2013/07/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1805786

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。