正しいリスクの伝え方―放射能、風評被害、水、魚、お茶から牛肉まで

個数:

正しいリスクの伝え方―放射能、風評被害、水、魚、お茶から牛肉まで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 239p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784885553875
  • NDC分類 498.54
  • Cコード C0030

内容説明

「ただちに健康への影響はありません」ってどういうこと?錯綜するリスク情報はどう伝えられたのか。

目次

第1章 放射線のリスクはどれくらいか
第2章 リスク情報の伝達の秘けつはタイミングと役者の存在
第3章 リスクの伝え方と風評被害
第4章 「安全だけど安心できない」構図の裏に何があるか
第5章 BSE―歴史に残るリスクコミュニケーションの大失敗
第6章 メディアの「おかしな報道」にどう対処したらよいか

著者等紹介

小島正美[コジママサミ]
現在、毎日新聞社生活報道部編集委員。1951年愛知県犬山市生まれ。1974年愛知県立大学卒業。毎日新聞社入社。長野支局、松本支局を経て、1987年東京本社・生活家庭部。1995年千葉支局次長。1997年生活報道部編集委員。主に環境や健康、食の問題を担当。2000年から東京理科大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ナジィ

0
なかなか面白い本だった。数字表現って怖いですね。正確な判断を下すのは難しいです。人間は都合の良い情報を都合良く理解する動物だから。2016/07/26

rowdon44

0
放射能に過剰におびえている人にはぜひ読んでほしい本。むやみと恐がる必要がないことがよくわかる。著者の前著『誤解だらけの「危ない話」』もおすすめ。2011/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3485714

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。