ガガガ文庫<br> 下ネタという概念が存在しない退屈な世界 〈11〉

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ガガガ文庫
下ネタという概念が存在しない退屈な世界 〈11〉

  • 赤城大空
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 小学館(2016/02発売)
  • 夏のジャンル別プラスポイント(文庫)
  • ポイント 12pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年08月10日 18時13分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 341p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784094515947
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

失われた全てを取り戻せ――最後の性戦!!

「そういえば“下”って漢字があるけど、あれって膣とクリトリスを同時に刺激するバイブみたいで素敵だよね! まさに下ネタの下にふさわしい漢字だよ」
「死ねだぜ」
藻女の企みを潰すために〈SOX〉が起こした戦いから、二年。
世界各地で卑猥な犯罪が多発する中、一切のヒワイが排除された極東のエデン。未曾有の大事件を無事に乗り越えた日本は、その底力を見せつけるように、世界をリードする健全ユートピアとして、健やかで美しい成長を続けていた。
――表面上は、そういうことに、なっている。
だが、この国ではもう数か月、子どもが生まれていない。
綻びは、そこかしこに存在する。それでも、ギリギリのバランスで成り立った、仮初めの「正しい」社会。
華城綾女(かじょう・あやめ)から〈雪原の青〉を引き継いだ奥間狸吉(おくま・たぬきち)。彼は藻女のつくりあげた完全なる性管理社会を打倒すべく、最後にして最大の下ネタテロ「エッチなABC」作戦を進めていた。
果たして、狸吉たち〈SOX〉は下ネタという概念を取り戻した「まちがった」未来を勝ちとれるのか――!

アニメ化もされた大人気Yトークコメディ、ついに完ケツ!!
さよならパイパイまたいつか!


赤城 大空[アカギ ヒロタカ]
著・文・その他

霜月 えいと[シモツキ エイト]
イラスト