いつか来る、はじめての「死」―今をより良く生きるために

個数:

いつか来る、はじめての「死」―今をより良く生きるために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月17日 04時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784877584887
  • NDC分類 490.1
  • Cコード C0077

内容説明

1951年、8割の人が自宅で亡くなっていた。いまでは8割近くの人が病院で最期を迎える。自然な死から遠ざかってしまった現代人のための「死のレッスン」。

目次

第1章 死ぬって、どういうことだろう
第2章 死ぬ間際に行きたいところはありますか?
第3章 安楽死と尊厳死
第4章 人は生きてきたように死んでいく
第5章 「死」めぐる、昨今の社会の動き
第6章 歴史にみる死の迎え方
第7章 エンド・オブ・ライフ「はなみずきの家」を知りたい!

著者等紹介

植田美津恵[ウエダミツエ]
1958年福岡県生まれ。医学ジャーナリスト、医学博士、僧侶。愛知医科大学客員教授、東京通信大学准教授。予防医学、公衆衛生学を学び大学の教壇に立つほか、歴史と健康をテーマにした講演、テレビ出演など幅広く活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yuriyura

2
同僚に借りた本。在宅ホスピス「はなみずきの家」に関わっている著者。2018年の診療報酬で平均在院日数や在宅退院率が設けられ入院したとたん早期退院を促す緩和ケア病棟の現象や死について、高齢者医療の実際と大切なこと、ライオンのおやつのこと、そしてはなみずきの家について。緩和ケアに関わる人だけでなく、誰が読んでもいずれは訪れる死について、受け入れやすくわかりやすくまとまった本。生死は一体、生があって死がある、死があるからこそ生がある。死のレッスンとして元気なときから読みたい本。2021/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16292166

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。