あゆみの箱―芸能人が始めたボランティア

個数:
  • ポイントキャンペーン

あゆみの箱―芸能人が始めたボランティア

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784877582395
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C0036

内容説明

「ボランティア」も「チャリティ」も、その言葉さえ使われなかった時代に、国の福祉政策を促進させるほどに影響を与えた活動を始めたのは、芸能人たちだった。そして今も、この募金箱は全国に二万箱が配置されていて、多くの募金者の支援によって、障害者への援助の橋渡しを続けている。三十七年間、事務局でこの活動を支えてきた著者が、「あゆみの箱と私」を語る。

目次

第1部 あゆみの箱に私が出会うまで(「弱者を嘲笑うな」;社会への門出の涙;あゆみの箱の出発)
第2部 「あゆみの箱と私」を語ろう(五七一‐九〇二五;事務所移転の歴史;伴淳さんの募金活動;沖縄での伴淳さん;海外大会のこと ほか)

著者等紹介

野田洋典[ノダヨウスケ]
1942(昭和17)年、名古屋市生まれ。小学三年生のとき脊椎カリエスを患い、以降も病が重なってほとんど学校に通えなかった。1963(昭和38)年、上京。伴淳三郎氏と出会い、1966(昭和41)年、あゆみの箱事務局に入る。1982(昭和57)年より事務局長、現在に至る。症状の悪化で、携帯酸素ボンベを常時しながらの活動である
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。