地域研究叢書<br> 軍政ビルマの権力構造―ネー・ウィン体制下の国家と軍隊1962‐1988

個数:

地域研究叢書
軍政ビルマの権力構造―ネー・ウィン体制下の国家と軍隊1962‐1988

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月19日 13時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 321p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784876987870
  • NDC分類 312.238
  • Cコード C3331

内容説明

民主化に向かう世界の潮流に逆行するビルマの軍事政権。これまでその実態は闇に閉ざされてきた。なぜ軍事政権が生まれ、どのような発展を遂げ、そしてなぜ、かくも長く政権を持続しえるのか。兵営国家の視角から政軍関係を分析し、軍政ビルマの実像に迫る。

目次

序章 ビルマにおける長期軍政とネー・ウィン体制
第1章 帝国の辺境―近代ビルマにおける国民国家建設と暴力機構
第2章 ビルマ式社会主義の履歴―国家イデオロギーの形成と軍内政治
第3章 未完の党国家―ネー・ウィンとビルマ社会主義計画党
第4章 官僚制を破壊せよ―行政機構改革と国軍将校の転出
第5章 「勝者総取り」の政治風土―政治エリートのプロフィール分析
第6章 兵営国家の政軍関係―ネー・ウィンによる国軍の掌握とその限界
終章 結論―ネー・ウィン体制の崩壊と新しい軍事政権の誕生

著者等紹介

中西嘉宏[ナカニシヨシヒロ]
日本貿易振興機構・アジア経済研究所研究員。1977年兵庫県生まれ。2001年東北大学法学部卒。2007年京都大学アジア・アフリカ地域研究研究科より博士(地域研究)取得。京都大学東南アジア研究所非常勤研究員(2007年)を経て、2008年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。