古代中国の犬文化―食用と祭祀を中心に

電子版価格
¥4,620
  • 電書あり

古代中国の犬文化―食用と祭祀を中心に

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 402p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784872591880
  • NDC分類 382.22
  • Cコード C3039

目次

東西における犬のイメージ
第1篇 犬肉の食用(古代の祭祀儀礼と犬食の習俗;陰陽五行と犬食の習俗;古代中国における犬食の習俗)
第2篇 犬による祭祀(犬と祭祀;犬と鬼やらい)
第3篇 犬文化の衰退(中古時代以降における犬文化の変容)

著者等紹介

桂小蘭[ケイショウラン]
1962年中国広州市に生まれる。1984年北京大学東方言語文学部卒業。1986年日本文部省国費留学生として来日する。1989年鳴門教育大学大学院学校教育研究科修了。1998年大阪大学大学院言語文化研究科博士後期課程退学。2003年大阪大学から博士(言語文化学)を授与される。中山大学医学院(中山医科大学)外国語教育研究センター専任教師、神戸大学国際文化学部講師を経て、国立民族学博物館外来研究員、中山大学族群研究センター客員研究員
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。