余命3年 社長の夢―「見えない橋」から「見える橋」へ

個数:
電子版価格 ¥385
  • 電書あり

余命3年 社長の夢―「見えない橋」から「見える橋」へ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月24日 00時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866671512
  • NDC分類 916
  • Cコード C2034

出版社内容情報

著者は、北海道札幌市にある北洋建設株式会社の経営者。2012年に進行性の難病である「脊髄小脳変性症」を発症し、余命10年と宣告される。

この病気は小脳が徐々に委縮し、運動機能が衰え、手足が不自由になり、言葉も不明瞭になっていく。やがて肺の機能も衰え、最終的には呼吸が止まる。一方で、大脳は正常で頭の働きは何も問題がない。

著者が残りの人生でやるべきこととして選んだのが元受刑者の再犯防止、すなわち居場所づくり。北洋建設は、創業以来、これまで500人以上の元受刑者を受け入れてきた。著者は車いすを押し、全国の刑務所・少年院へ面接に行き、社員として受け入れるだけでなく、再犯防止のための修士論文を書き、時には法務大臣と面会をし、元受刑者のための環境づくりを訴える。

これまで、受け入れに使ってきたのは2億円以上。お金が足りなくなって、土地やマンションを売ったこともある。一方で、同社の元受刑者の定着率は8~9割。突然、姿を消すものも少なくない。それでも、残った元受刑者は、一生懸命働く。「人は仕事があれば再犯をしない」。だから、著者は、余命3年となり、身体が徐々に不自由になりながらも、懸命に活動を続ける。本書は、著者のこれまでの活動を振り返りながら、余命のなかで生きること、さらには人間の存在について、読者に問いかける。

著者は言う。「すべての人に余命がある。自分はその余命がいつなくなるのか、ぼんやりわかっている、それだけの違いにすぎない」と。「かわいそうだと思う必要はない。自分の命をどう使うか考えるきっかけになればいい」。

第27回FNSドキュメンタリー大賞「弐千円札と元受刑者 余命4年 難病社長の夢」にノミネートされるなど、多くのメディアからも注目を浴びる著者による、最初で最後の1冊。

内容説明

もしも余命をつげられたらどんなことをしておきたいですか。元受刑者を雇用し続けるわけ。働くことと生きること。そして、人を信じることについて。

目次

第1章 余命宣告(宿命;告白に要した1か月 ほか)
第2章 経営者になる(残された1億の借金;深夜の特訓 ほか)
第3章 仕事と再犯(人は仕事があれば再犯しない;ボランティア活動ではない ほか)
第4章 霞が関(職親プロジェクトへの参加;遠い会社だから働きたい ほか)
第5章 大切なもの(残された時間;長男の入社、しかし ほか)

著者等紹介

小澤輝真[オザワテルマサ]
北洋建設株式会社代表取締役社長。1974年、北海道札幌市生まれ。1991年、創業者である父の死に伴い、18歳で北洋建設入社。2012年、父と同じく進行性の難病である「脊髄小脳変性症」を発症し、余命10年とつげられる。2013年より現職。北洋建設は、創業以来500人以上の元受刑者を雇用。「人は仕事があれば再犯をしない」という信念のもと、余命宣告以降、より積極的に受け入れを進めると同時に、大学院へ進学し「犯罪者雇用学」を専攻。企業が元受刑者を雇用しやすい環境づくりを訴えている。2009年、放送大学教養学部卒業。2012年、日本大学経済学部卒業。2015年、放送大学大学院修士課程修了。東久迩宮文化褒賞、法務大臣感謝状など受賞・表彰多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。