ホームヘルプサービスのリアリティ―高齢者とヘルパーそれぞれの視点から

個数:

ホームヘルプサービスのリアリティ―高齢者とヘルパーそれぞれの視点から

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 328,/高さ 21cm
  • 商品コード 9784865000429
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C0036

内容説明

介護が必要になっても「住み慣れた自宅で暮らしたい」という高齢者の願いは、公的サービスの中でどのように実現されるのか?生活者としての高齢者は、どのようにサービスをとらえているのか、支える立場であるヘルパーにはどううつっているのか。受け手である高齢者と与え手であるヘルパーをセットで対象にしたインタビューを通して、ホームヘルプサービスの多元的なリアリティを明らかにし、高齢者の在宅生活の継続の可能性を探る。

目次

第1章 高齢者とヘルパーの「語り」からみえてくるもの
第2章 高齢者の「介護」観
第3章 ヘルパーの「介護」観
第4章 ホームヘルプサービスはどのように調整されるのか―サービスの範囲についての高齢者とヘルパーの認識の比較
第5章 高齢者とヘルパーの人間関係―「仕事」と「友人」の狭間で
第6章 事業所が高齢者とヘルパーの関係性に与える影響
終章 高齢者とヘルパーの視点からみたホームヘルプサービス

著者等紹介

齋藤曉子[サイトウアキコ]
お茶の水女子大学人間文化研究科人間発達科学専攻博士課程単位取得満期退学、博士(社会科学)。日本学術振興会特別研究員(PRD)、神戸大学非常勤講師(~2014年度)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。