都会の異界―東京23区の島に暮らす

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

都会の異界―東京23区の島に暮らす

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月16日 19時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 284p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784863113046
  • NDC分類 291.36
  • Cコード C0095

内容説明

佃島、中之島、月島、平和島、勝島…「都会の辺境」で出会った21人の「島人」の人生譚。

目次

早朝の佃島―銀座から4分、漁師の島に住む(中央区)
佃島観光―東京23区の島、観光してみた(中央区)
佃島の物件―月1.5万円で買える長屋(中央区)
城南島―絶景ビーチと、半裸おじさんの島(大田区)
中之島―まさかの北区・赤羽に島?(北区)
もう1つの中の島―ピンクに染まる小さな島(江東区)
夜の佃島―東京で最古の盆踊り(中央区)
京浜島―『地球の歩きかた』京浜島編(大田区)
勝島―まつろわぬ境界島(品川区)
平和島―絶景ビーチへの隠れ入り口(大田区)
昭和島―この島のような、父になりたい(大田区)
月島温泉―東京23区の島風呂(中央区)
妙見島―江戸川モン・サン=ミシェル(江戸川区)

著者等紹介

高橋弘樹[タカハシヒロキ]
映像ディレクター。ソロモン諸島、硫黄島、沖ノ島など、世界の「人が旅しないところ」を旅することをなりわいとする。2018年より佃島に移住。23区にいながら「島暮らし」というライフスタイルを追求する。YouTubeチャンネル「日経テレ東大学」教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

♡ぷらだ♡

56
タイトルにひかれて。本書は、東京23区内の10の島の知られざる「異界」巡りのエッセイ。著者は「家、ついて行ってイイですか?」「吉木りさに怒られたい」などの番組を担当した高橋弘樹氏。訪れる島は、昔ながらの下町らしさが残っていたり、絶景ビーチがあったり、ジャングルがあったりと、それぞれの島ごとに個性があり読んでいて楽しい。山本周五郎が行き詰まり、心が寒がった日に渡って、つくしんぼを摘んだり、枯れ草に寝そべったりして過ごした『青べか日記』にも登場する「妙見島」を訪ねてみたい。東京の新たな魅力に気づかされる1冊。2022/01/27

yyrn

22
力がいい塩梅に抜けた少し変わった街歩きレポで、一緒にその場を訪問しているような、読んで楽しい本だった。路地裏から漂う潮の香だったり、誰もいない公園で出会う不思議なオジサンたちだったり(遭遇率が高い!)、キレイな人工ビーチだったり、昭和レトロな店先だったり、競馬場だったり等々。島といっても東京23区内で、かつ橋でつながっているので、島と呼ぶのもどうかと思うほどだが、それでも何か本土とは違うと(佃島に移り住んで3年の)作者は言い、島で遭遇する様々な異体験を伝てくれる本。最後の江戸川の妙見島での⇒2021/11/20

taku

18
都会の田舎暮らしを求め佃島に居を構えた映像ディレクターの、大袈裟にいうと異界紀行。仕事柄国内外の島経験も多いようだけど、23区内だからほぼ湾岸部の人工島。外周部が運河や海川に面し隔てられた感じがいいのはわかる。都会の喧騒から離れられ、雰囲気や景観が落ち着いたあるいは行き着くまでとは異なるスポット。訪問者にはそんな場所じゃないかな。出会う人たちの島に馴染んでる感もいい。「とろとろトロピカル」はもちろん調べた。行きたいのは平和島(ボートレース場)と勝島(大井競馬場)2021/12/21

kuri8655

15
〈島には、都会という大きな営みに対して、心理的距離をとることが叶う障壁がある。独特の結界がはられている感じだ〉掘割に架かる小さな赤い橋の背後に超高層マンションが林立する佃島。飛行機の「おなか」が頭上に迫る城南島。これら東京湾の島々だけじゃなかった。なんと!北区にも「島」がある!知らなかった。そして江戸川区の妙見島、山本周五郎ゆかりの島、ここが魅力的だった。〈何もせずにじっとしていると、そうしなければ見えなかったものが見えてくる〉2020~21年コロナ禍の最中のルポ。〔くもじい〕の番組のディレクター、流石!2022/07/29

MASA123

11
東京の離島のルポではなくて、東京メトロで行くことができるような都会の島でした。島と、島でないところと、とくに違いがないような気がするので、あまり、興味をひかれなかった。ルポ記事は、人とのかかわりの部分の話がおおくて、島の地形に関する記載はあまりないのです。 自分は、NHKの、ブラタモリ、鶴瓶の家族に乾杯、どっちが好きかと言えば、ブラタモリの方かな。本書は家族に乾杯の系統でしたね。 2022/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18127727

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。