李登輝より日本へ―贈る言葉

個数:
電子版価格 ¥2,640
  • 電書あり

李登輝より日本へ―贈る言葉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月03日 03時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 268p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784863101241
  • NDC分類 312.224
  • Cコード C0031

内容説明

覇権的野望を隠そうとしない中国、内向きの米国。日本はどこへ。指導者不在の世界で、アジアにその人ありと謳われる元台湾総統・李登輝。日本と中国の本質を知りつくした哲人政治家が、再生日本に向けて綴る「気魂と友情」にあふれた叡智の数々―。

目次

第1章 再生する日本
第2章 李登輝の台湾革命
第3章 中国の歴史と「二つの中国」
第4章 尖閣と日台中
第5章 指導者の条件
第6章 「武士道」と「奥の細道」
第7章 これからの世界と日本

著者等紹介

李登輝[リトウキ]
1923年台湾生まれ。元台湾総統。農業経済学者。米国コーネル大学農業経済学博士、拓殖大学名誉博士。京都帝国大学農学部を終戦のため中退。台湾大学に編入・卒業。台湾大学講師、米国アイオワ州立大学大学院を経て、中国農村復興聯合委員会顧問、台湾大学教授。71年国民党入党、72年行政院政務委員として入閣。台北市長、台湾省主席などを歴任、84年蒋経国総統(当時)から副総統に指名される。88年の蒋経国の死去にともない総統に昇格。96年台湾初の総統直接選挙に当選し就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふみりな

2
中国からの圧力に屈せず台湾の民主化に尽力したリーダーとしての気骨を感じた。日本も中、韓の常軌を逸する言動に毅然と対処する政治家の出現を切望する。2020/11/07

むさし

2
「私ではない私」「自分のなかに神を宿す」 現代の哲人から優しく語りかけられる至福の時間を味わえる 李登輝氏の著書は一気読みしても苦にならない 2017/05/04

Great Eagle

2
台湾の置かれた状況が少し分かる気がします。政治的には熟成していないのはなぜだったのかも少し理解した気になります。一方で、日本への期待というか提言も気概を感じさせます。国の指導者とはこういうものなんだと改めて感じ入りました。2015/01/24

Tetsuto

1
日本人よりも日本人的である李登輝さん。教養を身につけ、何のため生き、どう死ぬかを考え抜いて手にした人生感、宗教観は、大いに示唆に富んでいる。それは、ほとんど新渡戸稲造の精神に近い。「新渡戸稲造は人生の先生である」と語る李登輝さんの言葉を、一つ一つ噛み締めて読んでほしい。今の日本に李登輝さんに匹敵する人物はいないだろう。2014/11/18

加藤 勤

1
最近中国や韓国について書かれた本が多く出版されていますが、この本はぜひ読んでいただきたいと思います。 http://ameblo.jp/bookstama/entry-11902942435.html2014/08/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8056985

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。