美しい光の図鑑―宇宙に満ちる、見えない光と見える光

個数:

美しい光の図鑑―宇宙に満ちる、見えない光と見える光

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月02日 07時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B4判/ページ数 208p/高さ 27X27cm
  • 商品コード 9784862463128
  • NDC分類 425
  • Cコード C0640

内容説明

本書では、光というテーマを画期的な方法で解説。電波からガンマ線まで、電磁スペクトルの順序どおりに並んだ各章では、各種の光の特徴、特性、用途を詳しく掘り下げています。各章には日常生活に関連する光の利用を取り上げた「A Day in the Light:身近な光」、ある種の光を発見したり、その重要な用途を導き出した人物を取り上げた「SPOTLIGHT:人物紹介」の項が含まれています。また、「フルスペクトル」の項では、蛍光や屈折など、すべてのタイプの光に共通の特性を解説します。そして「宇宙と光」では、遙か彼方の宇宙における光の存在と、それを利用して肉眼では感知できないものをどのように観測しているかを明らかにします。数百にもおよぶフルカラーの写真とイラストに彩られた本書は、理屈抜きに、気軽に手に取り、眺めるだけでも楽しい書籍です。

目次

光とは
1 電波―フルスペクトル:光の速度
2 マイクロ波―フルスペクトル:あふれる光
3 赤外線―フルスペクトル:反射
4 可視光―フルスペクトル:屈折
5 紫外線―フルスペクトル:蛍光発光
6 X線―フルスペクトル:原子の衝突
7 ガンマ線―フルスペクトル:放電
エピローグ―フルスペクトル:影

著者等紹介

アーカンド,キンバリー[アーカンド,キンバリー] [Arcand,Kimberly]
NASAのチャンドラX線観測衛星のビジュアリゼーション・リード。専門はイメージアンドミーニング研究およびデータの可視化。アメリカ合衆国ロードアイランド州、プロビデンス在住。科学およびテクノロジー分野のディレクター、プロデューサー、著述家として科学プロジェクトに携わっている。広い対象に科学の知識を広める活動により、賞も受賞している

ヴァツケ,ミーガン[ヴァツケ,ミーガン] [Watzke,Megan]
チャンドラX線観測衛星の広報担当で、天文関連の情報発信を担当。アメリカ合衆国ワシントン州、シアトル在住。科学およびテクノロジー分野のディレクター、プロデューサー、著述家として科学プロジェクトに携わっている。広い対象に科学の知識を広める活動により、賞も受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

keroppi

22
見えない光も含めて宇宙に溢れる光を様々な写真と図版を使って説明してくれる科学の図鑑。あーこれも光の一つなのかと驚きつつ、美しい光に目を奪われる。2017/01/21

神野

4
タイトルから綺麗な写真がいっぱいあるイメージだった。しかし、実際は拍子抜け。もう少しいろいろな写真が欲しかったなぁ。内容的には軽い、光の仕組み、〇〇で撮影した写真の〇〇の意味とはという撮影の違い、と言う様な感じでしたね。子供と大人の中間のようなどっちつかずの難易度の解説でした。宇宙の綺麗な写真を見たいなら、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した星の写真集のほうが楽しめるかもと私的には思いました。2017/11/19

tuppo

4
バオバブと天の川。昼と夜。2017/06/07

koheyyamada

1
ヒトの目で見る可視光含めて7種類の光が様々な画像を用いながら紹介されている。 宇宙を探索するために可視光以外の光が大いに利用されていることは圧巻だ。 発見し利用するまでに至った科学のパワーを改めて痛感した。2019/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9913484

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。