アリアンローズ<br> 隅でいいです。構わないでくださいよ。〈2〉

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

アリアンローズ
隅でいいです。構わないでくださいよ。〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月11日 14時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 310p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861349874
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報



まこ[マコ]

蔦森 えん[ツタモリエン]

内容説明

男女逆転・吉原モドキの世界に転生した私。天月妓楼の楼主に拾われて野菊という名を与えられ、遊男の兄ィさま達に可愛がられながら、なぜだか自分も女だけど遊男として生きることに。16歳のある日、乙女ゲームの悪役キャラに転生したと気づいたものの破滅エンドは回避したい!そして受難の日々が幕開ける。さりげな~く皆を遠ざけることは出来ないものか。でも、知らない間にゲームの話に沿っちゃってる…。これってゲームの強制力!?避けても避けても、何だかヒロインキャラの愛理ちゃんと皆のラブシーンに遭遇するんですけど!?1巻即重版の話題作!逆転吉原で送る乙女ゲー転生ファンタジー、第二幕が開演です!

著者等紹介

まこ[マコ]
『隅でいいです。構わないでくださいよ。』で2016年出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

陸抗

7
愛理が記憶喪失になったとき、ゲームの記憶が甦ったのか、野菊に対する態度が激変。今までがイイコだっただけに、ギャップが…。それは、他の花魁たちも勘づいてるし、何人か前世の記憶を持ってる人もいそうだし。どちらの味方になるかは、一目瞭然だけど、親父様が危機感抱いてなくて、大丈夫か?2017/07/29

ゆう

3
図書館。花魁となった野菊、ようやく乙女ゲームスタート。てか、気づいてなかったのね。愛莉が不安要素。こんどは、ってことは、愛莉も転生者みたいなのだったりして?それにしても行き過ぎた女の嫉妬は見苦しいな。自分もあるんだろうけど、うん。2018/07/22

真尋

2
1巻冒頭にようやく本筋が追いつき、主人公も遊男として客を取ったりゲームヒロインの豹変で妓楼に不穏な空気が漂ったり見所が増えた2巻。がしかし、女が遊男して閨問題が主人も当人も深く問題視していなかったり、記憶も借金もない主人公が花魁を目指す意味が弱かったり、野菊が既に逆ハーを築いている原因のエピソードが弱かったり、話の細かい部分が書き足りてなくて感情移入しにくい。書籍化で加筆修正する本は多いけど削ってダイジェスト化するとか相変わらず強気。個人的萌えな梅木の活躍はあったので満足だけどやっぱりWeb版の方が好み。2017/09/13

雪結晶

0
Webで続き読んでます。次巻楽しみに待ってます

ハル

0
⭐⭐2020/06/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11618608

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。