夢二を変えた女(ひと) 笠井彦乃

個数:

夢二を変えた女(ひと) 笠井彦乃

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月26日 23時07分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 329p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846015183
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0095

内容説明

大正九年彦乃二三歳の死で、夢二との日々は五年三ヵ月で終わる。その間、彦乃が芸術上の同志であったこと、また夢二が昭和九年の死まで彦乃を心に抱き続けたことを解き明かす!

目次

序章
第1章 出逢い
第2章 新たな関係
第3章 京都の日々
第4章 光彩陸離
第5章 湯涌へ
第6章 別れの序章
最終章 追慕

著者等紹介

坂原冨美代[サカハラフミヨ]
1946年5月東京都文京区に生まれる。東京学芸大学教育学部卒業後、都立高校の教員として38年間勤める。定年退職後、母の収集した彦乃資料を整理し始める。現在、夢二研究会代表、現代女性文化研究所理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。