タルコフスキーとルブリョフ

タルコフスキーとルブリョフ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846001155
  • NDC分類 778.238
  • Cコード C0074

内容説明

2人のアンドレイ。1986年冬、惜しまれつつ世を去った映画監督アンドレイ・タルコフスキー、中世ロシアの偉大なるイコン画家アンドレイ・ルブリョフ。〈映画は人生に似ているし、また愛に似ている。人生は奇跡中の奇跡であって、謎に満ちている。〉と語るタルコフスキーと、「三位一体」を描き上げたルブリョフ。この二人の芸術家の軌跡をたどる。

目次

イコンとルブリョフについて
『僕の村は戦場だった』まで
プロローグ 男のつかの間の飛翔と墜落
旅芸人 1400年―モスクワをめざす三人
フェオファン 1405年―ルブリョフの得意とキリールの失意
アンドレイの苦悩 1406年―誰のために描くのか
祭 1408年―異教徒の祭に迷いこむルブリョフ
最後の審判 1408年夏―至福と惨劇の時
襲来 1408年―ウラジーミル襲撃
沈黙 1412年―無言の行をつづけるルブリョフと帰ってきたキリール
鐘 1423年―鐘づくりの少年とルブリョフ