日本語書記用文体の成立基盤―表記体から文体へ

個数:

日本語書記用文体の成立基盤―表記体から文体へ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 383p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784827301267
  • Cコード C3091

目次

第1章 文字と「ことば」(文字と「ことば」の対応関係;古代日本語の書記システム)
第2章 ウタの仮名書と万葉集(漢文中のウタ表記の展開;歌木簡の仮名使用;仮名の成立と万葉集「仮名書」歌巻)
第3章 古事記の表記体と「ことば」(古事記の音訓交用と会話引用形式;古事記の固有名表記(神名・人名;地名)
古事記の表記体と訓読
古事記を構成する「ことば」)
第4章 変体漢文体表記から和漢混淆文体へ(部分的宣命書きと和漢混淆文;変体漢文の漢文的指向;変体漢文から和漢混淆文へ;三宝絵と和漢混淆文;表記体の変換と和漢混淆文)

著者等紹介

乾善彦[イヌイヨシヒコ]
1956年奈良県北葛城郡当麻町(現葛城市當麻)に生まれる。1987年大阪市立大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。帝塚山学院大学講師、同助教授、大阪女子大学学芸学部教授、大阪女子大学人文社会学部教授、大阪府立大学人間社会学部教授をへて現在、関西大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

漢文訓読という和漢混淆の装置が変体漢文という表記体を生ぜしめ、仮名の成立によって日本語書記用文体を生成する過程の諸問題を、万葉集や古事記を中心にして考察する。

第一章 文字と「ことば」
 第一節 文字と「ことば」の対応関係
 第二節 古代日本語の書記システム
第二章 ウタの仮名書と万葉集
 第一節 漢文中のウタ表記の展開
 第二節 歌木簡の仮名使用
 第三節 仮名の成立と万葉集「仮名書」
 第四節 万葉集「仮名書」歌巻論
 第五節 巻十九のウタ表記と仮名書
 第六節 巻十八の補修説と仮名使用
 第七節 万葉集「仮名書」歌巻の位置
第三章 古事記の表記体と「ことば」
 第一節 古事記の音訓交用と会話引用形式
 第二節 古事記の固有名表記(1)神名・人名
 第三節 古事記の固有名表記(2)地名
 第四節 古事記の表記体と訓読
 第五節 古事記を構成する「ことば」
第四章 変体漢文体表記から和漢混淆文体へ
 第一節 部分的宣命書きと和漢混淆文
 第二節 変体漢文の漢文的指向
 第三節 変体漢文から和漢混淆文へ
 第四節 三宝絵と和漢混淆文
 第五節 表記体の変換と和漢混淆文

乾 善彦[イヌイ ヨシヒコ]
著・文・その他