文庫クセジュ<br> クレタ島

個数:

文庫クセジュ
クレタ島

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月29日 15時44分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 192,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784560510049
  • NDC分類 209.3

内容説明

ヨーロッパ、アジア、アフリカ三大陸から等距離に位置するクレタ島。古代ギリシア・ローマにおいてその島は世界の中心と考えられていた。ギリシア神話やホメロスによって語られた島の伝説は二十世紀初め、それに符号するような文明の存在がアーサー・エヴァンズによって明らかにされた。本書では歴史の波に翻弄されながらも、島の独自性を守りつつ生き抜いたさまざまなクレタが描かれる。

目次

第1部 古代のクレタ島(ミノス王のクレタ島の発見;ミノア時代の諸段階;ミノア時代における制度;ミノア時代の社会組織の変化と経済活動;ミノス王時代の宗教;ミノア芸術;ミュケナイ文明とドーリア人の貢献;古典主義時代ならびにヘレニズム時代のクレタ島;ローマの平和)
第2部 近代のクレタ島(ビザンティン時代のクレタ島;クレタとヴェネツィア共和国;クレタとトルコ;クレタとギリシア)

著者紹介

テュラール,ジャン[テュラール,ジャン] [Tulard,Jean]
1933年生まれ。歴史家。専門はナポレオンないしナポレオン時代、映画史。ナポレオンや映画に関する著書多数

幸田礼雅[コウダノリマサ]
1939年生まれ。1966年東京大学仏文科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

ヨーロッパ・アジア・アフリカ大陸から等距離に位置するクレタ島。古代ミノア文明から第二次世界大戦まで、波乱に富んだ歴史をたどる

波乱に富んだ歴史をたどる
 本書では、クノッソスを発見しミノア文明の研究の基礎を築いたエヴァンズとその功績、またその文明の繁栄から衰退までの叙述に、半分以上の紙数を割いている。原始時代からヘレニズム時代を経てローマ時代の終焉にいたるまでの記述を加えると、全体のほぼ四分の三のスペースを使って我々を中世の入り口に導く。
 もちろんそれ以後の歴史が疎かにされているわけではない。キリスト教時代、ファーティマ朝によるイスラム化、ビザンティン帝国の支配、ヴェネツィアからの移民による統治、さらには第二次世界大戦におけるドイツ軍とイギリス軍との戦いの舞台となるまで、歴史の波に翻弄されながらも、島の独自性を守りつつ生き抜いたさまざまなクレタが、小さなスペースのなかで描かれる。