日本のステンドグラス 小川三知の世界

個数:

日本のステンドグラス 小川三知の世界

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月22日 20時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 223p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784826901451
  • NDC分類 751.5
  • Cコード C0070

内容説明

洋館を日本の色と光で染める。発見、日本初のステンドグラス作家!新発見を含め主要作品をカラーで紹介。

目次

1 日本のステインドグラス小史―小川三知をめぐって(宇野澤辰雄―わが国に初めてステインドグラス技法を伝えた人;小川三知―アメリカ系ステインドグラス技法を伝えた稀代の芸術家)
2 小川三知の世界(和光荘;宮越邸;森邸 ほか)
3 資料(小川三知作品リスト;作品紹介建物一覧)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

依空

61
『日本のステンドグラス』シリーズ1作目は、日本のステンドグラス作家の草分けとなった小川三知の作品集。何て素敵なものばかりなんでしょう。絶妙な色彩、繊細なデザインに高度な技術と、小川三知のステンドグラスはもはや芸術作品です。これまで日本のステンドグラスは、その作者も工房名も建築と美術装飾の狭間に埋もれてほとんど忘れ去られてきたとのこと。しかも、これだけ素晴らしい作品を数多く作り、全国の公共建築や邸宅、貨客船などに納められたのに、関東大震災や戦災によって現存している作品は少ないそうで、大変残念でなりません。2017/03/25

糸車

33
この本、欲しい。もう何年(そろそろ10年?)もそう思っていて、amazonのほしい物リストに入れてある。お高いのよ…。図書館で何度も借り出し、ため息をついて返却する、ということを繰り返している。青森県の宮越邸(個人のお宅にステンドグラス?)、京都の有名な旅館のお風呂にあるという大原女(!)、あああ、実物を一度でも見てみたい。2019/01/23

Shoko

29
図書館本。ステンドグラスはもともと好きなのだけれど、小川三知という方も、日本の絵柄とステンドグラスがこんなにピタリと合って素敵なものだということも全く知らなかった。大好きな雰囲気、美しくて鳥肌が立つくらいに感動した。とくに宮越家住宅涼み座敷の紫陽花、欅、辛夷のステンドグラスがその向こうに広がる庭と相まって、本当に素敵でした。四季の移ろいとともに変化する様子も見てみたい。娘さんの生誕のお祝いに作られたという枇杷模様のステンドグラスランプ傘も、温かみがあって、すごく素敵。読むうちに何度も感嘆のため息がもれた。2020/03/13

にがうり

25
捨てられずにいたテレビデオのコンセントを入れたら動いたので、同じく持て余していたVHSを突っ込んだら、2004年放送「美の巨人たち」小川三知・宮越邸のステンドグラスの回が録画されていた。そうだ、日本の洋館のステンドグラスに憧れていた時期があったなあ。改めてその美しさに魅せられて本書を購入。写真が惚れ惚れするほど美しい。花鳥風月のモチーフは、西洋の物まねではない日本の芸術として確立している。障子の文化とステンドグラスは相性がいいという解説も納得。それにしてもみなさん、VHSってどうしているのだろう?2020/02/18

花林糖

19
日本のステンドグラスは本当に美しく、眺めていてウットリします。宮越邸(青森)、西脇邸(新宿区)、旧小川眼科病院(台東区・現黒沢ビル)、岩元邸(鹿児島)が特にお気に入り。2020/09/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/101618

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。