イギリス歴史人口学研究―社会統計にあらわれた生と死

個数:

イギリス歴史人口学研究―社会統計にあらわれた生と死

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月01日 16時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 461p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784815809546
  • NDC分類 334.2
  • Cコード C3022

内容説明

史料・方法からその到達点まで。人口・家族の動態の復元で世界を牽引し、政治・経済・文化の解明に決定的な影響を与え続けたイギリス歴史人口学の史料・方法とその実践的応用をトータルに叙述、公衆衛生や疾病などの最新の分析も加え、英国社会の新たな全体像に迫った渾身の成果。

目次

歴史人口学とはなにか―本書のねらいと構成
第1部 史料と統計制度(人口動態統計記録の系譜―教区登録制度から世俗身分登録制度へ;人口静態統計制度の展開―近代センサスの生成過程)
第2部 イギリス歴史人口学の世界(出生から結婚まで;移動、そして生の終着点へ―近代における人口の流動性と死亡)
第3部 近代イギリスにおける生と死(出生・結婚、老年と終末期;19世紀工業都市の疾病と死亡―工業化・都市化と環境破壊)
近代イギリス史研究と歴史人口学

著者等紹介

安元稔[ヤスモトミノル]
1941年大連市に生まれる。1970年慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、駒澤大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。