蜜猫文庫<br> 殿下の子を生んでしまいましたが卵だったので、フロシキに包んで逃げようと思います―竜の卵は溺愛の証明

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

蜜猫文庫
殿下の子を生んでしまいましたが卵だったので、フロシキに包んで逃げようと思います―竜の卵は溺愛の証明

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月26日 17時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 319p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801927797
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

竜騎士の末裔×近衛騎士志望の姫

王子様と一夜を共にしたら、二人の卵(あいのけっしょう)が生まれました!!!?

「俺は、お前と一緒にたまっ……ぴぃちゃんを育てる。俺が父親ならなおさらだ」





辺境伯令嬢のカタリナは、ある朝自分が『竜の卵』を生んでいたことに気付き青ざめる。

「今晩はひとりでいたくない。お前が欲しい…」

竜の血を引く竜騎士の子孫である王子、シリウスとあやまちを犯した覚えがあるからだ。

王位を巡り複雑な立場のシリウスが、自分などと子を作ったのがばれるとまずい。

カタリナは卵をフロシキに包んで実家へと逃げ帰る。

だがシリウスはすぐに彼女を追いかけ、一緒に卵を育てようと言いだし!?

内容説明

辺境伯令嬢のカタリナは、ある朝自分が『竜の卵』を生んでいたことに気付き青ざめる。「今晩はひとりでいたくない。お前が欲しい…」竜の血を引く竜騎士の子孫である王子、シリウスとあやまちを犯した覚えがあるからだ。王位を巡り複雑な立場のシリウスが、自分などと子を作ったのがばれるとまずい。カタリナは卵をフロシキに包んで実家へと逃げ帰る。だがシリウスはすぐに彼女を追いかけ、一緒に卵を育てようと言いだし!?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

さっきぃ

12
どんなタイトルだよ、と思いつつ、なかなか楽しかった。将来王になる幼馴染のシリウスと一夜を共にしてしまったカタリナ。ある日気づくと卵を産んでいて、という突拍子もない話なんだけど、カタリナが元気いっぱいじゃじゃ馬で規格外の令嬢で激ニブだったり、いつもかっこいいシリウスがカタリナのことになると可愛らしくなったり、気持ちも早い段階でちゃんと言葉にするから男らしくていいし、脇役も魅力的だし面白かった。2021/10/16

十六夜

6
いやいくら竜騎士の血を引く王子といたしたあとだからって卵を産むわきゃないだろう、と思ったけどヒロイン以外は全員そう思っていたから安心したわ。マジでみんなヒロインのその認識を信じているのかと。幼なじみの国王と辺境伯の娘カップル、ヒーローはずっと彼女が好きだったのにヒロインは鈍すぎて気づかず、ヒーローに婚約者の聖女がいることから完全に恋愛対象には当たらないと思っている辺りがね。婚約者についてはさっさと誤解解けるからよかったけど、それにしても鈍いヒロインだったわ。腕っ節は強いのにね……ヒーローも苦労するわね。2021/08/31

かえ☆★★

2
買った本です。タイトル買いなんですけど。ものすごくテンション高いラブコメで、読んでいて疲れた。ちょっと、久々にハズレを引いた感じでした。残念!2021/12/14

小鳥遊理那

2
イラスト買い。隠し子はちょっと好みじゃないんだけどな…いやでも目が覚めたら卵がってどう考えても怪しいな?!と思って買ってみたらとても楽しいほっこりラブコメ系でした。ヒーローがゴリゴリに追いかけて執着やばい系と思ってましたが、どちらかといえば可愛いよりのタイプで終始かわいいな…と思いつつ読了。ヒロインがピュアだけどちゃんと物理強い女の子なのとヒーローが真っ直ぐヒロインを愛してくれるので安心して読めます。2021/08/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18059131

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。