今日から日雇い労働者になった―日給6000円の仕事の現場

個数:

今日から日雇い労働者になった―日給6000円の仕事の現場

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月03日 08時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801300255
  • NDC分類 366.8
  • Cコード C0195

内容説明

底辺労働の現場を体験取材!働いても働いても金なんか貯まらない。ここはまるで蟻地獄だよ…今、失業したらこんな生活が待っている!

目次

底辺労働の世界に足を踏み入れる
1本の缶コーヒーを買うことに躊躇する
時間を潰すのがツラい“あぶれ休日”
日雇い派遣はガラクタなのか?
低賃金で働くことに慣れ始めている
1日雑誌拾いをしていくら稼げるのか?
薄っぺらい求人誌で仕事を探す
山谷の簡易旅館に寝床を変える
倉庫作業はロボットになった気分
山谷のオヤジは不況を嘆く〔ほか〕

著者等紹介

増田明利[マスダアキトシ]
昭和36年生まれ。昭和55年都立中野工業高校卒。ルポライターとして取材活動を続けながら、現在は不動産管理会社に勤務。平成15年よりホームレス支援者、NPO関係者との交流を持ち、長引く不況の現実や深刻な格差社会の現状を知り、声なき彼らの代弁者たらんと取材を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

イロハニ

15
H21年夏の体験ルポ初日~30日間の日々を章立てしその間の求職も就寝もその日暮らしに徹し体調心境変化追う。寝ぐらは初日~7日までネットカフェ難民の地、蒲田。が居住性に耐えかね山谷の簡易旅館へ、辺りはアオカン(野宿)も多く犯罪有りのヤバイ所。…が、この暮らし4日したら馴れ始めた!だが著者の見解は暗い。僅かな明るい面も有ろうにそれを語らぬは著者の感性欠如か?だがそれが正直な観察とも思う。20c初頭動物作家で著名なJロンドン著の英国大都市の下層民ルポが有るがそれに比肩するかは別だが本書も立派な考現学成り得てる。2023/02/24

イロハニ

13
作中前段に、よく膾炙した格言である『籠に乗る人、担ぐ人。そのまた草履を作る人』を引用し著者は職業に貴賎なしとは嘘だと断言。全編この感覚が通底し完結するのが本作の寂しい所。作る人達を促す一面も欲しかった。ルサンチマンへの寛容やそこからの健全な奮起の出来る社会を取り戻し社会階層の流動性を回帰させる事が打開とならぬか?終戦直後の混乱が遥か遠くなった事も一因か?かつて田中角栄はこの格言に対し草履を作る人がなくて籠に乗っていられるかい!と啖呵を切った…これを隔世とし達観するか?今の世に欠落する精神とし猛省するか? 2023/07/05

0607xxx

13
ルポライターの著者が30日間、実際に日雇い労働者となりまとめた一冊。著者の人を見下したような考え、発言は余計なような印象を受けた。しかし、内容は明日は我が身といった感じで、怖い世の中だなと思う。2014/09/21

MICKE

4
こんなので楽しく普通に生きていけたらいいのに、どうしてそうならないのだろう、そうならそうとしない世の中が間違っているのではないか。2015/03/24

ブルーベリー

4
凹む。そしてそこから、自分は幸せなんだと安心する。テスト勉強してない人探すあの心理。今日はのみすぎだ。2014/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8299467
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。