今日から日雇い労働者になった―日給6000円の仕事の現場

個数:
  • ポイントキャンペーン

今日から日雇い労働者になった―日給6000円の仕事の現場

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年07月30日 12時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 222p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784801300255
  • NDC分類 366.8

内容説明

底辺労働の現場を体験取材!働いても働いても金なんか貯まらない。ここはまるで蟻地獄だよ…今、失業したらこんな生活が待っている!

目次

底辺労働の世界に足を踏み入れる
1本の缶コーヒーを買うことに躊躇する
時間を潰すのがツラい“あぶれ休日”
日雇い派遣はガラクタなのか?
低賃金で働くことに慣れ始めている
1日雑誌拾いをしていくら稼げるのか?
薄っぺらい求人誌で仕事を探す
山谷の簡易旅館に寝床を変える
倉庫作業はロボットになった気分
山谷のオヤジは不況を嘆く〔ほか〕

著者紹介

増田明利[マスダアキトシ]
昭和36年生まれ。昭和55年都立中野工業高校卒。ルポライターとして取材活動を続けながら、現在は不動産管理会社に勤務。平成15年よりホームレス支援者、NPO関係者との交流を持ち、長引く不況の現実や深刻な格差社会の現状を知り、声なき彼らの代弁者たらんと取材を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)