マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ<br> 終点unknown 〈1〉

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

マッグガーデンコミックス アヴァルスシリーズ
終点unknown 〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ コミック判/ページ数 1冊/高さ 19cm
  • 商品コード 9784800002136
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ゆう

27
S◇が終わって大分経ったし、そろそろいちラキで新連載始まらないのかな~って待ってたら、本屋さんのポスター見てビックリ!移籍されたんですね。やっぱり杉浦さんのファンタジー好きだわぁ。今は仲良し度の低い二人だけど、いいコンビになっていくことでしょう。まだまだ序章って感じなのでこれからが楽しみですなぁ。それにしても、冬水社から好きな作家さんたちが続々と大放出されてくのが個人的にサミシイ…。2013/10/13

キキハル

21
出版元が変わってもテイストは変わらずそのままで安心しました。敵対する組の下っ端同士が運命的に結びついてしまう。離れたくても離れられない。仕方なくとりあえずは共働することになったのですが・・・。お互い初めて出逢い信頼感などもちろんなく、イケスカナイだけのヤツだったんだけれど、予期しない意外な面も見えたりして。旅は始まったばかり、お話も始まったばかりで、今後の展開が楽しみです。2013/09/17

ネムコ

13
いつも行く本屋さんで杉浦志保さんのミニ原画展を開催♪ 氷の魔物やSDと違って、ちゃんと人間のチンピラさんが二人、珍道中を繰り広げるお話のようです。最初のつかみはイマイチ弱い気がしますが、杉浦さんのお話は好きなので2巻も読んでみます。2013/09/16

椿

10
久し振りに読む杉浦さん。組織の下っ端で使い捨てにされるところだった二人。うまく逃げ延びて、自由になれるのかな。まだまだ謎が多いので、続きも読んでいきたい。2015/12/31

月華

9
中間頃で名前が出ていないような、と思ったらやっぱり出ていなかったようで、最後で明かされました。カタカナと漢字の名前から世界の広がりをちょっと感じました。軽いヨルマにもなにか秘密がありそうです。お互いを信用していない二人がどうなっていくのか楽しみです。2013/11/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7120963
  • ご注意事項