生きること、そして哲学すること

個数:

生きること、そして哲学すること

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月23日 23時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 326p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784798917924
  • NDC分類 104
  • Cコード C1010

出版社内容情報



松永 澄夫[マツナガ スミオ]
著・文・その他

内容説明

意味が力をもつ世界に生きる人間はどのような生き方をするようになったか、その発展と制約。哲学とはどのような営みで、どう「役に立つ」か。物的環境もさまざまな意味をもつゆえの多様な価値をまとう。個人的人間関係の有り方、人の集団の有り方はどのようなものになったかを探り、政治的秩序や経済的秩序の有り方、文化と制度との異なり等を論じ、加えて人にとって最も貴重なものを示す。

目次


第1章 意味世界を生きる
第2章 物的なものと人―文化の誕生
第3章 人を捉える
第4章 物の所有と労働
第5章 人間集団と個人
第6章 社会の中の個人
結び 生きることにおける哲学の位置

著者等紹介

松永澄夫[マツナガスミオ]
1947年、熊本生まれ。東京大学名誉教授。哲学を創造する年刊誌『ひとおもい』編集委員。著作の中のさまざまな文章が、高校教科書『国語総合』(数研出版)に掲載のほか、多数の大学、専門学校、高等学校、中学校、更に全国大学入試センターの入試問題として、また塾や通信教育の教材として利用されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

袖崎いたる

4
日常言語学派…とでも言えばよいのか。素朴な言葉で、さながらエッセイのように綴る、哲学。哲学イコール哲学語文学だと思っている人にとっては肩透かしを喰らうかもしれぬ。哲学が人生の役に立つのかを端々に目を配りつつ、書き留めようとする。にじり寄る著者の体が見えそうな文章。この誠実さには頭が下がる。2022/12/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20181677
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。