草思社文庫<br> 遺伝子の川

個数:

草思社文庫
遺伝子の川

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年10月21日 08時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 235p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784794220431
  • NDC分類 467.2
  • Cコード C0140

内容説明

生き物という乗り物を乗り継いで、自らのコピーを増やしつづける遺伝子。連綿と続く遺伝子の川とは、空間ではなく時間を流れる情報の川である。その流れをさかのぼることは、生命そのものを理解することである。果てしなく自己複製を続けるDNAに導かれ、進化は、そして人類はどこへ向かっていくのか。『利己的な遺伝子』のリチャード・ドーキンスが徹底した論理的思考で自然淘汰とダーウィン主義の真髄を語る。

目次

1 デジタルの川
2 全アフリカとその子孫
3 ひそかに改良をなせ
4 神の効用関数
5 自己複製爆弾

著者紹介

ドーキンス,リチャード[ドーキンス,リチャード] [Dawkins,Richard]
1941年、英国生まれ。生物学者。オクスフォード大学でニコ・ティンバーゲンのもとで学ぶ。1995年から2008年までC・シモニイによってオクスフォード大学に創設された科学啓蒙のための教授職にあった。退任後もドーキンス財団を主宰して広汎な啓蒙活動に従事

垂水雄二[タルミユウジ]
1942年、大阪生まれ。科学ジャーナリスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

進化はどこへ向かうのか?遺伝子の川の流れをたどりながら、自然淘汰とダーウィン主義の真髄に徹底した論理思考で鋭くせまる。

自己増殖を続ける DNA に導かれ、進化はどこへ向かうのか。遺伝子の川の流れをたどりながら、自然淘汰とダーウィン主義の真髄に徹底した論理思考で鋭くせまる。

【著者紹介】
1941年、英国生まれ。生物学者。C・シモニイによってオクスフォード大学に創設された科学啓蒙のための教授職の初代に任命され、活躍している。著書に、科学界のみならず思想界にも衝撃を与え世界的ベストセラーとなった『利己的な遺伝子』(紀伊國屋書店)、『ブラインド・ウォッチメイカー』(早川書房)など多数。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件