ホロコーストからガザへ―パレスチナの政治経済学

個数:
  • ポイントキャンペーン

ホロコーストからガザへ―パレスチナの政治経済学

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2021年09月23日 22時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 281p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784791765126
  • NDC分類 319.28
  • Cコード C0030

内容説明

「パレスチナ問題」を経済学的に分析し、世界的に注目される著者が明らかにするイスラエルの占領実態と国際社会の援助の行方。ホロコースト生存者の娘という出自から問う、人間の記憶と倫理への思考。

目次

ガザ地区とパレスチナの概要およびサラ・ロイの仕事
もしガザが陥落すれば…
ガザ以前、ガザ以後―イスラエル‐パレスチナ問題の新たな現実を検証する
「対テロ戦争」と二つの回廊
ホロコーストからパレスチナ‐イスラエル問題へ
“新しい普遍性”を求めて―ポスト・ホロコースト世代とポスト・コロニアル世代の対話

著者等紹介

ロイ,サラ[ロイ,サラ][Roy,Sara]
1955年アメリカ生まれ。政治経済学。ハーバード大学中東研究所上級研究員。パレスチナ、とくにイスラエルによるガザ地区の占領問題の政治経済学的研究で世界的に知られる

岡真理[オカマリ]
1960年生まれ。現代アラブ文学、第三世界フェミニズム思想。京都大学大学院人間・環境学研究科教授

小田切拓[オダギリヒロム]
1968年生まれ。フリージャーナリスト。報道・経済番組制作後、イスラエル/パレスチナを中心に取材を行なう。とくにガザ地区、隔離壁、経済援助の問題を掘り下げた報道で知られる

早尾貴紀[ハヤオタカノリ]
1973年生まれ。社会思想史。東京大学COE「共生のための国際哲学教育研究センター」研究員、東京経済大学他非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Joni

6
21世紀以降のパレスチナ問題、特にガザに焦点を置いてる。ある程度事前にパレスチナ問題を勉強してないと厳しい。イスラエルによる巧妙かつ残虐な支配体制を政治経済学的な観点から考察。ほんとに緻密ですごい。著者のサラロイ氏がこの研究に至った経緯なども印象的。最後の徐京植さんとの対談もおもしろかった。2015/08/14

yooou

6
☆☆☆☆★ ガザ地区の実態。ハマースとファタハの関係。そしてホロコーストをくぐったユダヤ人に対するイスラエルの視線などこれまで気づくことができなかった部分がたくさんありました。2013/11/10

100名山

4
久々に鳥肌が立つくらいの良書に出会いました。 子供のころ「栄光への脱出」に感動し、「夜と霧」の恐怖し、「シンドラーのリスト」を観て、「千畝」を観劇してその疑問、欠落に気が付き、やっとイスラム教の本を、イスラムの本を、パレスチナの本を読み始めました。しかし本書を読んでパレスチナとイスラエルの関係だけにとどまらず、日本とアイヌ民族、日本と琉球王国、日本と朝鮮半島の問題までが含まれることを再確認しました。2018/07/08

Takaaki Sasaki(旧名balthazar)

4
イスラエル占領下にあるパレスチナのヨルダン川西岸・ガザ地区がオスロ合意締結以降、パレスチナ人にとって状況がむしろ厳しくなり、もはやアパルトヘイト時代の南アフリカの黒人やゲットーでの居住を強いられたかつてのユダヤ人と同様の状況に置かれていることが述べられている。著者の両親はホロコーストの生き残りであり、それゆえにむしろイスラエルに批判的な発言を行う彼女の存在は本当に貴重。巻末の徐京植氏との対話も良い。2013/03/08

ゆるこ

2
2008年末に始まったガザ攻撃の数ヶ月後の、サラ・ロイ氏来日公演をもとに編訳した本。 序章の小田切拓さんの言葉。 「国内のマスコミは先のガザ侵攻においてさえ、イスラエルによる「占領」に殆ど言及せず、関係市民団体も「攻撃の中止」を訴えるに留まる傾向が強かった。しかし、『占領』が続き、より強化されている以上、状況が整えば、イスラエルはいつでもガザ地区を同じような悲劇に貶めることは可能である。」 まさにその通りだ。そして今回も、そもそもの始まりは誘拐事件だったと報じられ、占領地の現実については殆ど報じられない。2014/07/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/289929

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。