女子栄養大学 栄養のなるほど実験室―研究室で検証しました!調理によって栄養はどう変わるか

個数:
  • ポイントキャンペーン

女子栄養大学 栄養のなるほど実験室―研究室で検証しました!調理によって栄養はどう変わるか

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月13日 03時31分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784789548328
  • NDC分類 498.55
  • Cコード C2077

内容説明

調理をしながら、ふと疑問に思うことはありませんか。レバーを血抜きしたら鉄もいっしょに抜けてしまう?食品を水に浸すと栄養素が流出してなくなってしまう?…とか。調理上の栄養に関する疑問を実験・検証した内容を紹介したのがこの本です。実験データを知ることで栄養素をむだにせずおいしい料理を作る手助けにもなります。知っているのと知らないとでは大違い!

目次

カリウム

ビタミンB群
葉酸
ビタミンC
栄養素量

塩分
エネルギー
シュウ酸
食味
「栄養のなるほど実験室」付録

著者等紹介

吉田企世子[ヨシダキヨコ]
女子栄養大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tomtom

14
栄養などのこれってどっちがいいのかなっていうちょっとした疑問を、きちんと実験して結果を示してくれている。有機や国産品の方が栄養があったり、レバーの血抜きでは栄養は流出しないなど勉強になる。作り置きの汁物のビタミンCは減ってしまうのは残念。2022/11/09

そうさん

3
パラパラ読み。2024/03/09

ジュリ

3
レバーの血抜きをしても鉄分はあまり減らない、野菜を味噌汁にしてもビタミンCの損失は少ないなど、調理による栄養素の変化について知ることができる本。2020/07/30

Yumiko826

2
学生の時に習った鉄の調理器具から鉄分が摂れる?怪しい…と思っていたがやはり間違いだったか‼︎知らなかったのは、カボチャは部位で栄養素が違う、ジャガイモのビタミンCは貯蔵する期間で減っていく…意外にも冷凍野菜のビタミン損失が少ないことには驚いた。これからは冷凍野菜も使おう。最後の付録はなかなか興味深い。 食品や調理の実験が出来るなんて羨ましい。2020/02/11

青空

0
何となく、まぁそうなんだろうなとわかることが大きくわかりやすく書かれている。火を通したり水で洗えば栄養はそりゃ落ちる。冷凍ほうれん草の方が生を茹でるより栄養価が高い、や鉄瓶で煮ても鉄は摂れないというのには、へぇと思った。2019/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14289664
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。