地形図でたどる長野県の100年

個数:

地形図でたどる長野県の100年

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 180p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784784073580
  • NDC分類 291.52
  • Cコード C0025

内容説明

軽井沢や蓼科高原の別荘地、白馬や志賀高原のスキー場、安曇野や八ヶ岳山麓の農業地帯、長野市や佐久市の市街地大変貌、そして千曲川流域の災害地帯まで、かつて何が、どこに、どのようにあったのか、そして今、それがどのような状態であるのか、なぜそのように変化したのか…日本最初の近代的な地形図と現在の地形図、新旧2枚を比較しながら変化を読み取る。信州の歴史を、地形や地図記号から読み解くユニークな近現代史。

目次

1 開発(軽井沢―日本最初の高原リゾート誕生;菅平高原―スポーツのメッカになった高原;志賀高原―火山地形に築かれたスキー天国 ほか)
2 発展(東御市―ワイン特区はかつて桑園だった;塩田平―ため池にみる水確保の歩み;黒姫高原―山麓開発と観光の様変わり ほか)
3 変容(信州新町―人口減少が進む中山間地の今;上松町―ヒノキで栄えた木曽谷の集落;遠山郷―絶景の傾斜地に根付いた暮らし ほか)