オフサイド・ブックス<br> 自殺ブンガク選―名文で死を学ぶ

個数:

オフサイド・ブックス
自殺ブンガク選―名文で死を学ぶ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ A5判/ページ数 189p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784779110726
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0393

内容説明

なぜ自らの命を絶とうとするのか?「自分の死」はどう考えたらいいのか?善悪の彼岸で自殺を考えることはできないのか?…死、とりわけ自殺という問題を描いた日本近代文学の名作をピックアップし、そのリアルな内実に正面から迫る。

目次

芥川龍之介『或旧友へ送る手記』
芥川龍之介『地獄変』(抄)
芥川龍之介『侏儒の言葉』(抄)
芥川龍之介『歯車』
堀辰雄『聖家族』
有島武郎“遺書”
夏目漱石『吾輩は猫である』(抄)
森鴎外『妄想』(抄)
夏目漱石『こころ』(抄)
久米正雄『受験生の手記』(抄)〔ほか〕

著者等紹介

宝泉薫[ホウセンカオル]
1964年、岐阜県生まれ。早大除籍後、ミニコミ誌発行を経て、著述業。自殺に関しては『別冊宝島445 自殺したい人びと』(99年)に参加して以来の本格的取り組みとなった。現在『東京スポーツ』に『芸能界ライバルてん末記』を連載するほか、多方面に執筆中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。