MAGAZINE HOUSE MOOK POPEYE特別編集<br> 味な店完全版

個数:

MAGAZINE HOUSE MOOK POPEYE特別編集
味な店完全版

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 251p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784838754809
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C9476

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きき

20
永遠に同じものなんて無いのだから、輝いている時にその一瞬を味わわなければ。「画家は死んでも絵が残るし、バンドは解散しても音楽が聴けるけど、食べ物ばっかりはそうもいかない」。これは平野さんの言葉の中で私が好きなものの一つ。本書では平野さんが見つけたまさに味な店がぎゅっと詰まっているけれど、取材時から様子が変わったりもう無いお店もある。その一瞬の煌めきを一つ一つスクラップしているような素敵な一冊。ほぼ家の店、緑の窓の店など、目の付け所がシャープすぎるカテゴライズでくすりと笑いつつ、平野さんの熱い愛にぐっと涙。2021/09/12

まり子

10
会いたい人には会えるうちに。食べたいものは食べたいときに。主に東京近郊の"味な店"紹介なのだけど雰囲気ある写真、お店への愛を感じる文章がとっても良い◎「実家皿の店」「OVER80店主の店」好きだなぁ。最後にコロナ禍での飲食店への想いが書かれててちょっと泣いてしまいます…。消えものである食べものの忘れたくない記録本。2021/09/21

tetsubun1000mg

9
前半を読んで「アルデンテ..」の作者だと気が付きアルデンテ読了後に再度この本に戻って読む。 1作目と比べると飲食店の取材がメインで、ジャンルとエリアも大変広くなっている。 店主も30歳くらいから80代まで幅広いのだが、お店の歴史から看板メニュー紹介など気持ちよく話を引き出している感じが伝わる。 店主のインタビューと筆者のやり取りで店主の人生が浮かび上がってくるようだ。 読後にこの既視感は何だろうと考えるのだが、安部了さんが写真を撮って妻の直美さんが取材して文章を書いた「お弁当の時間」と同じ読後感を感じた。2021/10/10

なななな

9
素敵なエッセイ+コロナ禍の気遣いあふれる、優しいお店紹介でした。2021/07/18

Mariko.

4
美味しい東京を独特な視点で切り取った平野ワールド。文章が素敵で、ますます店の味が増している。2021/06/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18227721

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。