光人社NF文庫<br> 海軍主計大尉の太平洋戦争―私記ソロモン海戦・大本営海軍報道部 (新装版)

個数:

光人社NF文庫
海軍主計大尉の太平洋戦争―私記ソロモン海戦・大本営海軍報道部 (新装版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月27日 04時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 277p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784769828891
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

内容説明

政官財界のトップ・リーダーとして日本を支えた“短現士官”は、何を考え、どのように戦ったのか。難関を突破して、海軍二年現役士官となり、駆逐艦「照月」に主計長として乗り組み、南太平洋、第三次ソロモン、ガ島輸送作戦に奮戦す。乗艦沈没後、大本営海軍報道部で活躍した熱血士官が描く迫真の太平洋海戦記。

目次

序章 別れの宴
第1章 積乱雲の彼方―南太平洋海戦(駆逐艦「照月」は走る;「敵艦見ゆ」 ほか)
第2章 南溟の墓標―第三次ソロモン海戦(挺身攻撃隊、南へ;怪しき火の饗宴 ほか)
第3章 最後の炎―ガ島輸送作戦(敵潜水艦に気をつけろ;将官旗、翻る ほか)
第4章 憂国の至情―大本営海軍報道部(才人・平出英夫大佐;四万聴衆を前にして ほか)
終章 鎮魂の祈り

著者等紹介

高戸顕隆[タカドアキタカ]
1915年、熊本県に生まれる。伝習館中学、福岡高校を経て、1941年、京都帝国大学経済学部卒業。1942年、海軍主計中尉に任官。南太平洋海戦、第三次ソロモン海戦、ガ島輸送作戦に従事。職歴:住友本社入社、住友重機常務を経て住友重機械エンバイロテック株式会社社長。2011年7月、歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。