非栄養素の分子栄養学

個数:

非栄養素の分子栄養学

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年06月19日 06時04分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 251p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784767961897
  • NDC分類 498.55
  • Cコード C3047

目次

非栄養素の分子栄養学の概説
第1編 解毒代謝・炎症の分子栄養学(フラボノイドによるAhR形質転換抑制機構;ニンニク成分の遺伝子発現を介した生理作用;Nrf2・ARE経路の食品成分による活性化;食品成分による転写因子を介した腸管上皮解毒輩出系の制御;食品由来フラボノイドのマクロファージを標的とした機能性発現機構)
第2編 がん・脂質代謝の分子栄養学(DNAマイクロアレイにみるイソチオシアネート化合物の生体調節機能;食品因子センシングの調節による食品因子の機能性増強;抗肥満性ホルモンFGF21の転写制御と機能性食品成分;リポタンパク質受容体ファミリーを介する生体恒常性の維持機構)
第3編 骨格筋の分子栄養学(骨格筋量とエストロゲン受容体βアゴニスト―大豆イソフラボンの可能性;運動によるAMPキナーゼ活性化と転写制御による代謝改善効果;ポリフェノールによるPPAR機能制御と骨格筋代謝改善効果;萎縮筋における細胞内シグナルとその制御による筋萎縮治療;遺伝子改変動物を用いた分枝アミノ酸の生理機能研究の新展開;転写調節因子FOXO1、PGC1αによる骨格筋機能の遺伝子発現制御)